1. トップ
  2. 恋愛
  3. 甘酸っぱい、忘れられない恋『絵の具とバレエシューズ』

甘酸っぱい、忘れられない恋『絵の具とバレエシューズ』

  • 2022.11.24
  • 2290 views

姿を見ただけで、ドキッとする。恋の話で友達と盛り上がる。そんな楽しい青春時代、皆さんはありましたか?また、忘れられない恋があるという人もいるかもしれません。丸'22(@maru_maru_kazok)さんもそんな経験のある一人です。今回ご紹介する漫画は、丸'22に初めての恋人ができたお話です。甘酸っぱくて胸がきゅんとするようなエピソード。当時を思い出しながら、ぜひお楽しみください。『絵の具とバレエシューズ』です。

偶然の出会い。恋と進路の葛藤を描く青春ストーリー

女子高に通う丸'22さん。物語は美術部の部長に抜てきされたところから始まります。

ある日、合同の展覧会の打ち合わせで、男子校の美術部員がやってくることに。慣れない男子に緊張をする丸'22さんたち。

ついに打ち合わせの日。男子校の美術部の部長が丸'22さんにあいさつをしてくれました。

さて、この出会いはどのようになっていくのでしょうか。

気になる相手が私を褒めている?勘違いから動き出した恋

先日、あいさつをしてくれた他校の部長が、自分の声を褒めていると友人に言われた丸'22さん。

そのブログに返信をした丸'22さん。

ですが、友人の勘違いでしたね…。この勘違いから二人の関係は少しずつ変わっていきます。

少し楽しそうのほほ笑むカンタの姿がつい気になります。

すでにお互いを意識しているのでしょうか。続きを読むことがわくわくする展開ですね。

ついに初デート。二人の距離がどんどん縮まる

2人は少しずつ距離を縮め、ついにデートをする仲に。デートの回数を重ねたある日、カンタからついに告白された丸'22さん。しかしここで物語は終わりません。

将来の夢や進路、学生らしい葛藤や板挟みのなか、付き合いを続ける丸'22さんとカンタ。2人はこのあとそれぞれの進路に進み、別の人生を歩む選択をします。

最後までお互いを思いやる優しい丸'22さんとカンタ。結局、別れてしまいますが、そのときの気持ちは大切な思い出として持ち続けるでしょう。

いつか別々のタイミングでこの海辺を通り、当時の甘酸っぱい気持ちを思い出しほほ笑むのでしょうね。

著者:ゆずプー

元記事で読む
の記事をもっとみる