1. トップ
  2. レシピ
  3. 肌が若返る!?秋鮭の効果的な食べ方

肌が若返る!?秋鮭の効果的な食べ方

  • 2022.11.23
  • 10212 views

旬の秋鮭は美味しいばかりか、肌の若返りも期待出来るうれしい食材です。「食べるスキンケア」として、積極的に取り入れていきましょう。

ウエルネス&ビューティーライターが、秋鮭の美容作用と、効果的な食べ方についてご紹介します。

■強力な抗酸化作用で、エイジングケア

鮭には、「アスタキサンチン」という、強い抗酸化作用を持つ栄養素が含まれています。

老化の原因になる活性酸素を強力な抗酸化力で抑えることで、シミやしわの予防が期待出来るほか、肌のハリや弾力アップにも役立ちます。

■美肌作用の高いオイルや食材と合わせて

そんな美容にうれしい鮭は、美肌作用の高いオイルや調味料、食材と一緒に摂って、いっそうのエイジングケアサポートを狙いましょう。

オイルなら、鮭と同じく抗酸化作用を持つオリーブオイルで料理するのがおすすめ。

また、肌のターンオーバーをうながすアスパラギン酸などを含んだ黒酢なども使っていきましょう。

■肌が若返る!?秋鮭のシンプルレシピ3選

(1)秋鮭フレーク

常備菜としても重宝する鮭フレークは、自宅で作ると添加物もゼロで安心です。ごはんのお供はもちろん、サラダやおひたしに振りかけても。

材料(作りやすい分量)

鮭切り身 2切れ

料理酒 大さじ3

みりん 大さじ3

塩 小さじ1/2

オリーブオイル 大さじ1/2

作り方

(1)鮭の骨は取り除いておきます。

(2)鍋に(1)と料理酒、みりんを加えて3分ほど煮ます。

(3)塩を加え、木べらで鮭を崩しながら水気が飛ぶまで炒め煮します。皮は取り除きます。

(4)水分が飛んだら、オリーブオイルを加えてさっと混ぜて完成です。

(2)秋鮭とブロッコリーの黒酢炒め

美肌・美白作用があり、エイジングケアをサポートしてくれるブロッコリーと一緒に。理想の美容レシピです。

材料(作りやすい分量)

鮭切り身 2切れ

ブロッコリー 1株

塩、こしょう 適宜

しょうゆ 小さじ1

オリーブオイル 大さじ2

黒酢 大さじ1

作り方

(1)ブロッコリーは小房に分け、固ゆでしておきます。

(2)鮭は3等分に切って、塩、こしょうを振っておきます。

(3)オリーブオイル大さじ1をフライパンで熱し、鮭を入れて焼き色をつけたら取り出します。

(4)フライパンに残りのオリーブオイルを流して熱し、(1)を加えて炒め、しんなりして来たら(3)を入れて炒め、しょうゆと黒酢を回しかけ、全体になじんだら完成です。

(3)秋鮭とアボカドのマリネ

ビタミンEやカリウム、鉄を含み、食物繊維も豊富なアボカドと一緒に。腸活にも役立つレシピです。

材料(3〜4人分)

鮭切り身 2切れ

アボカド 1個

ブラックペッパー 適宜

塩 小さじ1

オリーブオイル 大さじ1

黒酢 大さじ1/2

作り方

(1)鮭は食べやすい大きさに切って塩小さじ1/2を振り、オリーブオイル大さじ1/2を熱したフライパンで焼いておきます。

(2)アボカドは皮と種を取ってひと口大に切っておきます。

(3)オリーブオイルと黒酢と塩小さじ1/2をよく混ぜ合わせておきます。

(4)(1)と(2)を(3)でよく和え、ブラックペッパーを振れば完成です。

鮭は日本人にとって、とても馴染みの深い魚です。お魚離れが進んでいるといわれていますが、鮭は美容の強い味方。ぜひもっと食べる機会を増やしてくださいね。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ)

元記事で読む
の記事をもっとみる