1. トップ
  2. メイク
  3. 【神崎恵】2022年下半期「超私的」ベストコスメでつくるニュアンスメイク

【神崎恵】2022年下半期「超私的」ベストコスメでつくるニュアンスメイク

  • 2022.11.23
  • 908 views

今月の気分【下半期“超私的”ベスコスでつくるニュアンスメイク】

神崎さんの“超私的”ベスコスをお届け! ベースからカラーアイテムまで下半期に神崎さんの心をつかんだメイクアイテムを紹介します。

神崎恵さん

Megumi’s “超私的”ベスコス

Face Color 透明感をさりげなく上げる青みピンク
ルナソル シークレットシェイプパレット
ルナソル シークレットシェイプパレット

EX03

¥6050(限定)/カネボウ化粧品

「今期手に取ることが多かった青みピンクのチーク。左側のパウダーを広く、淡くぼかしてニュアンスを」

Eye shadow プレイフルな色合わせでヘビロテしました
ザ アイシャドウ パレット
ザ アイシャドウ パレット

One to Another

¥6820/アディクション ビューティ

「全種類、素晴らしかったアディクションの新作パレット。このパレットのカーキは定番なムードの中に新しさがありました」

Mascara 漆黒&ツヤツヤの魅力的なまつげに仕上がります
センサイ ラッシュレングスナー 38℃
センサイ ラッシュレングスナー 38℃

¥4400/カネボウ化粧品

「目にドラマティックな力が宿るマスカラ。漆黒のツヤまつげは、うるんだ目元に仕上がります」

Lip ちょっぴりドライなムードのベージュに心を奪われました
ザ マット リップ リキッド
ザ マット リップ リキッド

Bitter Walnut

¥3520/アディクション ビューティ

「薄膜マットなリキッドリップ。洒落たムードの色みが今期活躍してくれました」

Foundation “生きてる肌”になれるツヤ肌ファンデーション
カネボウ ライブリースキン ウェア
カネボウ ライブリースキン ウェア

SPF5・PA++(オークルD:SPF5・PA+、オークルE:SPF7・PA++)全8色 30g ¥11000/カネボウインターナショナルDiv.

[ How to Make-up ]

アイパレットの左下をアイホールにのせ、二重幅に淡く右上をぼかす。右下を上まぶたのキワにライン状にオン。上下のまつげにマスカラをオン。チークパレットの左側を頬の広い範囲にぼかす。唇の輪郭よりやや大きめにリップをオン。

神崎恵さん

ブランドの“らしさ”が光るアイテムが目を引きました

下半期、メイクに関しては、“これぞ!”というような、はっきりとしたトレンドがあまりなかったように感じています。だけどそのぶん、ブランドそれぞれの“らしさ”が際立つアイテムがとても多かった!

透明感ある発色や繊細なパールを抱いていたルナソルのアイカラーレーションの15番や、アディクションのザ アイシャドウパレットのプレイフルな色の組み合わせは、まさにその典型。ブランドの表現力の高さに感銘を受けました。

神崎恵さん
「色と色を組み合わせることで生まれるムードを楽しんだ下半期」

今期、好んでしていたのは“ピンクを脱コンサバ”に楽しむメイク。それも、ベビーな淡いピンクではなく、青みの効いたピンクの登場回数が多かったように思います。今回、“超私的ベスコス”で選んだ、ルナソルのフェイスカラーのような。

ピンクはコンサバに見せたいときに有効な色ですが、頬に淡く、広くぼかして透明感を上げたり、ちょっぴりドライなムードが漂う、くすんだカーキやベージュブラウンと合わせて甘さ控えめに使うのが新鮮で。一つには絞れないほど今期も魅力的なコスメがたくさん。来年はどんなコスメに出合えるのだろう?と今から楽しみ。

神崎恵さん
「肌はツヤ。今期は名品が多くて選べないほど」

おしゃれをプレイフルに楽しむ!

とびきりエレガントなドレスから、カジュアルなデニムスタイルまで、どんなファッションも自分らしく、素敵に着こなす神崎さん。今回は、そんな神崎さんの幅広いおしゃれのポイントを探ってみました。

「シルエット」を遊ぶ 実はスタイルアップも叶う美シルエット

ボリューミィなトップスはウエストをキュッと絞って
神崎恵さん/ボリューミィなトップスはウエストをキュッと絞って

袖コンシャスなイザベルマランのニットに、ザ ロウのパンツを合わせて。トップスがボリューミィなときは、ウエストをキュッと絞ったパンツを選んでバランスを取ります。

柄のワイドパンツをボリューミィな黒で引き締めつつ遊ぶ
神崎恵さん/柄のワイドパンツをボリューミィな黒で引き締めつつ遊ぶ

ふんわりとしたトップスはガリャルダガランテとコラボしたもの。ワイドパンツは柄ものだけど、モノトーンなので引き締まった印象に。

ガーリーな雰囲気のファッションにはマットな赤リップを
神崎恵さん/ガーリーな雰囲気のファッションにはマットな赤リップを

Aje.のブラウスとハイライズのスカート、ヘアは三つ編み。ガーリーなムードのスタイルには、ゲランのマットなリップを。

シンプルなコーデにアクセントを与えるディオールのベルト
神崎恵さん/シンプルなコーデにアクセントを与えるディオールのベルト

マックイーンのパンツにラドローのシャツ。色もデザインもシンプルなコーデをディオールのベルトでアクセント。ディオールのマットリップで凛と!

クリーンな白なら遊んだシルエットもきちんと感が出せます
神崎恵さん/クリーンな白なら遊んだシルエットもきちんと感が出せます

今シーズン、出番の多いニナリッチのボリューム袖シャツとフェンディのタイトスカート。遊びを感じるデザインながら、クリーンな白が凛とした印象を演出してくれます。

ふんわりシルエットのワンピはまとめ髪でスタイルアップ!
神崎恵さん/ふんわりシルエットのワンピはまとめ髪でスタイルアップ!

こちらのワンピも、ガリャルダガランテとのコラボアイテム。ワッフルアイロンでふわふわに仕上げた髪をラフにざっくりとまとめたヘアでバランス良く。

「デニム」を遊ぶ デザインの効いたデニムをヘビロテ!

“赤”をキーにデニムスタイルを楽しみました!
神崎恵さん/“赤”をキーにデニムスタイルを楽しみました!

マルジェラのデニムに赤が効いてるZARAのボーダーのカーデとシャネルのバッグを合わせた日。リップも赤を拾って、NARSのマットな赤リップをチョイス。

ネクタイ付きのデニムでときにはハンサムに!
神崎恵さん/ネクタイ付きのデニムでときにはハンサムに!

ライブイベントの日のスタイル。シルエットがキレイなセリーヌのデニム。黒いネクタイがついたESSENCEOFLUXURYのシャツを合わせて。

ウエスト部分は細くシルエットは太めが
神崎恵さん/ウエスト部分は細くシルエットは太めが

ウエストがキュッと締まったマルジェラのデニムとシモーネ ロシャのショート丈のニット。このメリハリバランス、すごく好き。ヴィトンにマリオの缶バッジを飾って。

今期、FRAY I.Dのデニムのデザインがとても優秀なんです
神崎恵さん/今期、FRAY I.Dのデニムのデザインがとても優秀なんです

シルエットがキレイなFRAY I.Dのデニムとシンプルなマディソン ブルーのシャツ。ヘアはストレートアイロンでラフなカールに仕上げ、唇はメルシエのグロスで軽やかに。

「色」を遊ぶ 鮮やかなカラーをまとえばスタイルがパッと華やぐ

赤ON赤は私にとってもはやベーシック(笑)
神崎恵さん/赤ON赤は私にとってもはやベーシック(笑)

セシルバンセンのニットとスカート。全身を赤で統一するスタイルは、もはや定番。この日は、リップも赤でまとめました。

カルティエの“赤”をイメージしたスタイル
神崎恵さん/カルティエの“赤”をイメージしたスタイル

カルティエの発表会にて。ボックスの赤をイメージしてセシルバンセンのワンピースを選びました。この日、レ ズール ヴォワイヤジューズのウード & ピンクとウード & ウードにときめきました。

赤×黒でコントラストを効かせて
神崎恵さん/赤×黒でコントラストを効かせて

ジル・サンダーのペプラムシルエットの鮮やかなシャツにマックイーンの黒パンツ。目元はルナソルのアイカラーレーションの15、唇はデコルテのルージュ デコルテ リキッドの01。

ゴールドのスカートにゆるっとポニーで柔らかさを
神崎恵さん/ゴールドのスカートにゆるっとポニーで柔らかさを

腰回りのボリューム感とラグジュアリーなゴールドが目を引くドレスは、衣装。センターパートにしたポニーテールで大人っぽさと柔らかなエレガンスを表現しています。

SHISEIDOの美容液をイメージしたブルー×ホワイト
神崎恵さん/SHISEIDOの美容液をイメージしたブルー×ホワイト

SHISEIDOのイベントにて。美容液の青と白のボトルにちなんで、コーディネートも青と白に。シャツはシモーネ ロシャ、スカートはエミリア ウィックステッドです。

「ドレス」を遊ぶ メイクはあえてミニマムが気分!

スーパータイトなシルエットの日は髪もウエット&タイトに
神崎恵さん/スーパータイトなシルエットの日は髪もウエット&タイトに

ポーラのイベントにて。B.Aのスタイリッシュなブランドイメージに合わせたタイトなワンピース。ヘアもオイルでウエット&タイトに仕上げました。

柄のワンピの日はベージュ系メイクでヌケを意識します
神崎恵さん/柄のワンピの日はベージュ系メイクでヌケを意識します

アシスタントを労いたくてごはんに誘ったらお花をいただいてしまったうれしい日。マラホフマンのワンピにLAKAのベージュのティントリップを。

オールブラックにレースの透けとメイクでヌケ感を
神崎恵さん/オールブラックにレースの透けとメイクでヌケ感を

ガリャルダガランテのインポートのスカートに、何年も前に買ったナインのトップス。レースの透け感とランコムの薄いピンクのリップでヌケ感を。

いつものワンピをちょっとアレンジして息子の学校の祝典へ
神崎恵さん/いつものワンピをちょっとアレンジして息子の学校の祝典へ

この連載でも紹介したことがある、フェンディのワンピース。この日は息子の学校の行事だったので、胸元の透けを同色の付け衿で隠しました。メイクはピンクベージュで上品に。

撮影/魵澤和之(まきうらオフィス) スタイリング/石関靖子 ヘア/shuco(3rd) 取材・文/中川知春

元記事で読む
の記事をもっとみる