1. トップ
  2. レシピ
  3. 旨味たっぷり【キーマカレーのレシピ10選】基本の作り方から本格派、簡単アレンジレシピまで

旨味たっぷり【キーマカレーのレシピ10選】基本の作り方から本格派、簡単アレンジレシピまで

  • 2022.11.19
  • 1115 views

インド発祥のキーマカレー。「キーマ」とはヒンディー語・ウルドゥー語で「細かいもの」という意味で、細かく刻んだ野菜やひき肉を使うのが主流です。ひとくちにキーマカレーといっても、肉の種類や合わせる野菜、調味料によって、さまざまな味わいを楽しめます。

そこで今回は、キーマカレーの基本レシピのほか、アレンジレシピ【10選】をご紹介します。数種類のスパイスを使った本格派レシピから、市販のカレールウを使ったお手軽レシピまで豊富なラインナップです。

■キーマカレーの基本の作り方

【材料】(2人分)

豚ひき肉 200g

鶏ひき肉 100g

玉ネギ 1/2個

水 大さじ1

ニンニク 1片

ショウガ 1/2片

サラダ油 大さじ1

トマト(小) 1個

カレー粉 大さじ1~2

塩 適量

水 100ml

アーモンド 7~8粒

パクチー(香菜)(刻み) 適量

【下準備】

・玉ネギは粗いみじん切りにして耐熱容器に入れ、水大さじ1を入れ、ラップをふんわりかけて電子レンジで5分加熱する。

・ニンニクとショウガは細かいみじん切りにする。トマトはヘタをくり抜き、粗く刻む。アーモンドは粗く刻む。

【作り方】

1、フライパンにニンニク、ショウガ、サラダ油を入れ、中火にかける。

2、香りがたったら玉ネギを蒸し汁ごと加えて炒め合わせる。水分が飛び、薄い茶色に色づくまで炒める。

3、トマトを加えて炒め合わせ、トマトの水気が飛んだらカレー粉と塩を加えて炒め合わせる。

4、豚ひき肉、鶏ひき肉、水100ml(2人分)を加えて強火にし、ひき肉をほぐしながら火を通す。煮たったら中火にして水分がなくなるまで煮る。

5、分量外の塩で味を調えて器に盛り、アーモンドと香菜を散らす。

■本格派キーマカレーやアレンジレシピ10選

・トマト缶でキーマカレー

市販のカレールウとトマト缶を使えば、お店のような本格的な味わいのキーマカレーが簡単に作れます。味が決まりやすく、失敗しにくいです。ショウガやニンニクなどの香味野菜、クミンシードをプラスすることで、素材の旨味が引き出され、香り高く仕上がります。

・野菜キーマカレー

細かく刻んだ野菜をたっぷり入れ、栄養満点です。市販のルウとトマトジュースで手軽に作れ、トマトジュースに旨味がしっかり凝縮されているので、短時間でコクのある味わいに。野菜は食感を楽しむために、煮込みすぎないようにするのがポイントです。

・トマトキーマカレー

スパイシーなキーマカレーも、生トマトを使うことで酸味が効いて、まろやかな味わいになります。トマトからたっぷり水分が出るため、無水で調理でき、素材の旨味が凝縮されて美味。煮込まずに炒めるだけで完成して手間いらずです。隠し味に「味噌」を少し足すと、グッとコクが増します。

・ほうれん草キーマカレー

インドでは、青菜を使った緑色のカレー「サグカレー」のように、ほうれん草を使うのは定番です。こちらはスパイスから作る本格カレーですが、ペースト状にしたほうれん草を使用することで、まろやかな仕上がりになります。ペーストはブレンダーやフードプロセッサーを使って作ると楽チンです。

・キーマカレー焼きそば

キーマカレーは焼きそばにからめて食べても美味しいですよ。余ったキーマカレーのリメイクにも。こちらのレシピはなんと包丁や火を使わず、電子レンジでキーマカレーが完成! パパッと作りたいときに便利です。野菜をすりおろした、素材の水分で作っているため、時短ながらも旨味たっぷりです。

・豆腐のキーマカレー

ひき肉の代わりに、木綿豆腐を使ってヘルシーに。豆腐は水切りしてしっかりと食感を出すのがコツです。そぼろ状に仕上がって肉らしさアリ! あっさりした口当たりですが、スパイスや香味野菜が効いているので、食欲をそそられますよ。子どもが食べる場合はカレー粉の量を調整してみてください。

・お煮しめで作るキーマカレー

お煮しめを刻んで作るアレンジレシピです。すでに野菜に味がしみ込んでいるため、短時間で和風仕立ての奥深い味わいに。炒めた玉ネギをプラスすることで、甘みが増し、スパイシーさを引き立てます。お正月のおせちなどでお煮しめが残っている際は、ぜひ一度お試しください。

・ナスの中華風キーマカレー

カレー粉にナンプラー、オイスターソース、中華スープの素などを組み合わせて中華風に。煮込まずにサッとで出来上がります。ナスやピーマンなどの野菜は素揚げしているので、見た目も色鮮やか。炒めるのが難しいナスも、最後に混ぜ合わせるだけでOKです。

・サバ缶とごろっと卵のキーマカレー

ひき肉がなくても、保存用にストックしているサバ缶があれば、美味しいキーマカレーが作れますよ。サバ缶は汁ごと加えているため、旨味たっぷりです。細かくほぐすと味がなじみやすくなります。魚や野菜をたっぷり食べられるので、子どもにもおすすめです。

・夏野菜キーマカレー

煮込まずにフライパンひとつで手軽に作れ、暑い夏にぜひとも食べてほしい一品。ナス・ズッキーニ・ゴーヤ・トウモロコシ・プチトマト・オクラと、カラフルな野菜をたっぷり使っています。彩りが映えるように盛り付ければ、オシャレなカフェ風に。おもてなしにもピッタリです。

水分が少ないキーマカレーはご飯はもちろん、ナンと合わせて食べるのもおすすめです。とろけるチーズや温泉卵などをトッピングすれば、スパイシーなカレールーにマッチして絶品ですよ。今回ご紹介したレシピを参考に、ぜひお気に入りのアレンジを見つけてみてくださいね。

(川原あやか)

元記事で読む
の記事をもっとみる