1. トップ
  2. レシピ
  3. 【論露に不二(ろんろにふじ)】松茸香る新感覚の創作ラーメン@茨城県坂東市

【論露に不二(ろんろにふじ)】松茸香る新感覚の創作ラーメン@茨城県坂東市

  • 2022.11.16
  • 3341 views
ここ、ラーメン屋で合ってます??

茨城県坂東市、野田の芽吹大橋を渡ってしばらく進むと、お目当てのラーメン店「論露に不二(ろんろにふじ)」はあります。 初めての方はきっとここがラーメン屋??と不安に思うかも知れません。

出典:リビングかしわWeb

開店前にはすでに10人前後の行列が

それもそのはず、特に大きな看板は出ておらず、入口はこの佇まい。私も最初は日本料理のお店かな?と思いました。

出典:リビングかしわWeb

近づいてみると、看板に「論露に不二」の店名が。これも一見して店名なのかどうか迷うレベル。

出典:リビングかしわWeb

敷地内には大きな駐車場があり、そこにはラーメンの麺をモチーフにした看板が立っているので、こちらを目印に来店されるといいですね。

出典:リビングかしわWeb
メニューは食券制

お店に入ると、入口で女性店員の方が丁寧にメニューの説明をしてくれます。定番メニューの他に、本日の限定メニューがありますとのこと。 今回は初めての来訪だったので、定番の「松茸と水」、「鮮魚と水」をオーダー。このネーミングもラーメンのイメージとはかけ離れていて、一体どんなラーメンなのか期待が膨らみます。

出典:リビングかしわWeb

そしてお会計は食券スタイル。替え玉やトッピングなどもここで選びます。

出典:リビングかしわWeb
心落ち着くスタイリッシュな店内

店内はこれまたラーメン屋らしからぬ、しっとりと落ち着いた雰囲気。塗り壁に木材をふんだんにあしらった和モダンな内装で、まるでバーかおしゃれな居酒屋のようです。

出典:リビングかしわWeb

お水はセルフサービスなのですが、ここでもさらに驚かされます。ここはカフェか?!と見紛うばかりのフレーバーウォーターが飲み放題なんです。 左からπ(パイ)ウォーター、パインジンジャー、アップルシナモン、ジャスミン&ローズマリーとなっています。 個人的にはアップルシナモンが気に入って、何度もお代わりしちゃいました。

出典:リビングかしわWeb

ラーメンを食べた後のお口直しにもぴったり

素材の旨味を凝縮した感動の一杯

さて、いよいよお待ちかねのラーメンが登場です。 松茸と水(830円)は、まず見た目に心奪われます。 茨城の名産品であるレンコンに食用菊の花びらが散らしてあって、こんな美しいラーメンには出会ったことがありません。

そしてスープは澄んだ琥珀色の醤油ベース。刻んだ松茸がトッピングされていて、一口飲むと松茸の風味がガツンと来ます。上質なお出汁を頂いているような感覚です。

出典:リビングかしわWeb

麺は細めのストレート。松茸の香りをまとった醤油スープがよくなじんでいて、スルスルと美味しく頂けます。

出典:リビングかしわWeb

チャーシューは鶏と豚の2種類が乗っています。鶏ハムの下に薄く折り畳まれた炙り豚チャーシューが忍ばせてあり、香ばしさがたまりません。鶏ハムは驚くほどしっとりしていて、丁寧な仕事がうかがえます。

出典:リビングかしわWeb

こちらは夫が注文した鮮魚と水(830円)。 味見でスープを頂きましたが、金目鯛100%のスープに海老オイルが垂らしてあり、ダメ押しは桜エビのパウダー。これでもかと魚介の濃厚な旨味が凝縮されています。 ラーメン一杯の中に込められた、店主の方の並々ならぬこだわりと情熱に感服いたしました!

出典:リビングかしわWeb
まるでパスタ?!な替え玉

まだ終わりじゃありませんよ。 通常ラーメンの替え玉といえば残ったスープに入れて食べるものですが、「論露に不二」の替え玉は普通の替え玉とは全く違います。

今回注文した替え玉「あん肝のソース」はこのビジュアル!まるでフェットチーネのような平打ち麺にあん肝のソースがかかっていて、美しい盛り付けと言い、これだけで一品料理として完成されています。しかもこのクオリティで350円!丸々一玉分あるので驚異のコスパです。

出典:リビングかしわWeb

替え玉は単品での注文は不可

ソースと麺をよく和えて、お好みでレモンビネガーとブラックペッパーをかけて食べるのがおすすめとのこと。替え玉というより和えそばと言った方がしっくりくるかも知れません。

出典:リビングかしわWeb

卓上にレモンビネガーが置いてあるラーメン屋さんは初めてです(笑)。

出典:リビングかしわWeb

取り皿をもらって、こちらはシェアして頂きました。 コクのあるあん肝ソースにレモンビネガーの酸味が加わって、美味しいことこの上ない!最後の最後まで驚きと感動の連続でした。

替え玉は他に木の子のジェノベーゼ、梅紫蘇の替え玉なんていうのもあり、全種類制覇したくなります。次回はぜひ限定メニューを味わってみたいです。お昼時には行列必至ですので、時間に余裕を持ってお出かけを~。

出典:リビングかしわWeb

論露に不二(ろんろにふじ) 住所:茨城県坂東市矢作3083-1 電話番号:非公開 営業時間:11:00~14:30 18:00~21:00 定休日:水曜日 https://twitter.com/ronronifuji

元記事で読む
の記事をもっとみる