1. トップ
  2. スキンケア
  3. 「ママなんか臭う」アラフォーになり体臭が気になり、あらゆる方法を試した結果…【体験談】

「ママなんか臭う」アラフォーになり体臭が気になり、あらゆる方法を試した結果…【体験談】

  • 2022.11.11
  • 8322 views

体臭とは無縁だった10代。祖父母の体臭が気になり始めた20代。体臭を気にする時間もなく、子育てに奮闘した30代。そして40代になり、ある日子どもが「ママなんか臭う」とひと言。「はっ」となって自分の体臭を気にしてみると、あの懐かしい祖母の香りがほのかに漂い、驚きました。その日から毎日、自分の体臭を過剰なほど気にするようになりました。

体臭を気にして出歩けない

汗臭いということは過去に経験があっても、体臭を気にしたことは今までなかった私。それが40代で体臭が気になるように。暑い夏は特に過酷でした。涼しい冷房の効いた部屋の中でさえ、家事や育児で右往左往すれば、大量の汗をかきます。気になるたびに子どもに「臭い?」と聞き過ぎて、最終的に反応すらしてもらえず無視されるように……。

外へ出れば、ソーシャルディスタンスが推奨されている昨今に感謝。とはいえ、やはり自分の悪臭が他人に届いているのではないかと気になります。徐々に外に出るのが面倒になってきて、ほぼ引きこもりに。久しぶりに会おうと誘ってくれた友人とのランチもキャンセルです。さすがに、「体臭が気になるから会えない」とは言いづらく、体調不良を理由にお断りしました

ボディソープやせっけんで体臭対策を試みる

体臭が気になり始めてから、ボディソープやせっけんを5種類くらい試しました。それまでは有名メーカーの、どのドラックストアでも売られている液体タイプのボディソープを使用していました。そのボディソープから、体の臭いを防ぐというメッセージが大きくパッケージに書いてある固形せっけんや、有名メーカーのせっけん、泡タイプのボディソープ、アロマメーカーから出している高級ボディソープなどに次々と変えて、体臭を防ぐために試しまくりました。

しかし、結果は肌がしっとりするとか洗い上がりがさっぱりするという違いはあっても、体臭に対してはあまり変わりませんでした。

救世主! 男性用ボディソープをたまたま使った結果

ある日お風呂で体を洗おうとしたとき、たまたまボディソープがなくなっていました。以前だったら、ボディソープを入れ替えるか、お湯だけで体を洗って湯船に浸かるのですが、その日はとても疲れていたのでボディソープを入れ替える余裕すらない。だからといって、体臭を気にしている今となっては、お湯だけで洗うのでは済まされない。もういいやと思い、今まで使ったことのない夫が使用しているボディソープを使用して体を洗いました

初めて使用した感想は、メンソールが入っていてスースーして気持ち良いなと。それ以外、特に何も感じることなく、次の日の朝を迎えました。そして夜、ふとその日1度も自分の体臭を気にすることなく生活していたことに気が付きました。

まとめ

加齢臭は人間であれば、男女関係なく付きまとうのでしょうが、ただ、自分だけではなく、時には周りを不快にさせてしまうことが悩みの種でした。しかし、体臭に敏感になり過ぎて引きこもっているような日々には戻りたくありません。

今回、ボディソープを変えるにあたり、男性用・女性用という先入観があり男性用のボディソープは眼中になかったものの、結果として夫が使っている男性用のボディソープが私の体臭を抑える上では一番効果がありました。本当にあの日、夫のボディソープを手に取ってよかったなと思っています。これからも臭いとの闘いが起こるたび、自分にあったボディソープを模索していこうと思います。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:徳 衿唯

最近夫が「サウナー」になり、誘われるのでついていったある場所で「ロウリュウ」を体験。サウナの醍醐味を体感し、「サウナー」一歩手前な専業主婦。

ベビーカレンダー/ウーマンカレンダー編集室

元記事で読む
の記事をもっとみる