1. トップ
  2. 恋愛
  3. ブルーノ・マーズが「読売巨人軍」の仲間入り!最終日に貴重な姿を見せる

ブルーノ・マーズが「読売巨人軍」の仲間入り!最終日に貴重な姿を見せる

  • 2022.10.31
  • 11202 views

ブルーノ・マーズの来日公演がついに終了。最終日には、粋な演出があった。(フロントロウ編集部)

ブルーノ・マーズ、最終公演まで粋な演出で楽しませる

10月22日からスタートしたブルーノ・マーズの来日ツアーもついに終了。大阪の京セラドームで2公演、東京ドームで3公演と計5公演を行ない、ファンを楽しませた。日本ではライブ以外にもオフの時間があったようで、大阪では心斎橋や難波に姿を見せ、SNSはブルーノに“神対応”してもらったファンの報告が溢れていた。

そんなブルーノの公演の最終日には、ヒット曲「Count on Me」を弾き語りでパフォーマンスするというサプライズもあったが、もう1つ粋な演出が。

それは、東京ドームを本拠地とする読売ジャイアンツのユニフォームを着用してメンバーがパフォーマンスしたこと。胸に「TOKYO」とデザインされたジャイアンツのユニフォームを着用。ライブ中にブルーノを支えるフィリップ・ローレンスにいたってはジャイアンツのキャップまで被っていた。

ジャイアンツのユニフォームを着用している姿は3枚目から。

それぞれユニフォームには名前と背番号が入れられており、ギターのマテウス・アサトは「ASATO」、ブルーノの兄でドラムのE・パンダことエリック・ヘルナンデスは「Hernandez」、トランペットのジミー・キングは「KING」と名前が入っていたが、フィルは「SAWAGE(騒げ)」と入っており、ブルーノにいたっては「KAWAII(可愛い)」と入っていた。

日本仕様の粋な演出でファンを盛り上げたブルーノ。ちなみにブルーノは東京ドームでジャイアンツのユニフォームを着用したが、エド・シーランは以前、大阪で阪神タイガースのユニフォームを着用してパフォーマンスを行なったことがあった。

(フロントロウ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる