1. トップ
  2. メイク
  3. 目が一回り大きく見える!  美容液に頼らずにまつ毛を伸ばす方法

目が一回り大きく見える!  美容液に頼らずにまつ毛を伸ばす方法

  • 2015.11.1
  • 20698 views

長く濃いまつ毛は女性の憧れ。高価な美容液に頼るのもいいけれど、セルフケアでまつ毛を伸ばすことができたらいいですよね。

毎日のセルフケアでまつ毛を伸ばして、目ヂカラアップを目指しましょう。

(c) Khorzhevska - Fotolia.com

■まぶたの血行アップでまつ毛を伸ばす

まつ毛を伸ばすのに効果的なのが、まぶたの血行促進です。水で濡らして軽く絞ったタオルを、電子レンジで1分ほど加熱して蒸しタオルを作り、目元にのせて温めましょう。

血流をアップさせて健康なまつ毛を育てると同時に、まぶたのむくみやクマ解消にも役立ちます。蒸しタオルは、目元にのせる前に必ず熱すぎないかを確認してくださいね。

また、簡単なマッサージでまぶたの血行を促すこともできます。中指か薬指を使い、下まぶたの目尻から目頭、そして上まぶたの目尻に向けて、目の周りを優しく押しながら一周させます。

このとき、力を入れすぎるとまぶたの皮膚にダメージを与えてしまうので、気をつけてくださいね。

■乾燥はまつ毛の大敵!

髪の毛と同じように、まつ毛にとっても乾燥は禁物。空気が乾燥しやすいこれからの季節は、部屋に加湿器を置くなどして、まつ毛の水分が奪われないようにしましょう。

さらに、まつ毛やまぶたを乾燥させる意外な原因がクレンジングです。まつ毛を育てるまぶたの皮膚は、とても薄くてデリケート。アイラインやマスカラなどのアイメイクをゴシゴシこすって落とそうとすると、まつ毛やまぶたを傷つけてしまうのです。

でも、だからといってクレンジングが不十分だと、メイクが毛穴に詰まって健康なまつ毛の育成を妨げてしまうことに。アイメイクは専用のリムーバーを使うなどして、優しく落とすようにしましょう。

まつ毛を酷使しないためにも、休日などにはアイメイクもお休みにするのがおすすめ。また、マスカラを塗るときには、あらかじめクレンジングがしやすくなる下地を塗っておくのもよいでしょう。美容成分が配合されている下地を選べば、まつ毛の育成効果も倍増です。

■ワセリンを塗るとまつ毛が伸びる!?

まつ毛を伸ばす“裏ワザアイテム”としてクチコミ人気が高いのが、ワセリン。「夜、まつ毛にワセリンを塗って寝るようにしたらまつ毛が伸びた」という実感の声も多いようです。

確かに、全身の保湿に使えるワセリンですから、まつ毛の保湿にも効果があっても不思議ではありません。

でも、デリケートな目元用に作られているものではないので、まつ毛に塗るなら、やはり専用の美容液やクリームの方がおすすめです。

それでも試してみたい! という場合は、必ず不純物の少ない白色ワセリンを。目の中に入らないように注意し、雑菌の繁殖を防ぐために指ではなく綿棒などを使って塗るようにしましょう。

できれば、体に使うものとは別に、まつ毛専用のワセリンを用意した方がベターです。

濃く長いまつ毛は、目を一回り大きく見せ、顔の印象をパッと華やかにしてくれます。毎日のケアで、つけまつ毛やエクステいらずの美しいまつ毛を手に入れてくださいね。

(加藤 朋実)