1. トップ
  2. 「何に見える?」あなたの“この先1年のうちにやめるべきではないこと”がわかる心理テスト

「何に見える?」あなたの“この先1年のうちにやめるべきではないこと”がわかる心理テスト

  • 2022.12.1
  • 70603 views
undefined

あなたは今、やめたいなあと思っていることがありませんか?そのやめたい気持ちに引きずられてやめてしまうことで、後で後悔することになることがあるかもしれません。この先1年のうちにやめるべきではないことを探ってみましょう。

図形が何に見えますか?直感でお答えください。



1.パフェ

2.棺

3.花束

4.鳥



1.パフェに見えた人は「今の趣味」

図形がパフェに見えた人は、この先1年のうちに今の趣味をやめるべきではないかもしれません。好きなんだけど、何かの障壁になってしまっており、やめなくてはいけなくなっていることがあるのではないでしょうか。少なくともこの先1年はやめるべきではないかもしれません。

このタイプの人は、周りに影響を受けやすく、何か言われると気にしてしまいがちなところがあるかもしれません。自分が好きで趣味にしていることであっても、周りから非難されたり馬鹿にされたりすることで、手放してしまうことが多いのではないでしょうか。

あなたが好きなのであれば、それはあなたの心を楽しくさせるものであり、人生を豊かにしてくれるものなはずです。だから、周りの声に従ってやめてしまう必要はないのではないでしょうか。あなたが、趣味として持ち続けることで、そのうち周りもそのよさに気づいてくれるかもしれません。

2.棺に見えた人は「仕事」

図形が棺に見えた人は、この先1年のうちに仕事をやめるべきではないかもしれません。あなたにとって、今仕事は辛くやめたいことになってしまっているのではないでしょうか。でも少なくともこの先1年は様子を見たほうがよいかもしれません。

このタイプの人は、繊細で傷つきやすいところがあるかもしれません。そのため、一度大きな失敗をすると、落ち込んでしまい、その気持ちを引きずってしまいやすいのではないでしょうか。自分には向いていないと感じてしまい、なかなか立ち直れなくなりがちかもしれません。

今はやめたい気持ちでいっぱいかもしれませんが、続けることでやっていてよかったと思う瞬間が来る可能性もあるでしょう。今の気持ちだけでやめてしまうのはもったいないかもしれません。あと1年やってみて、それでもやめたければ、そのときやめたらいいのではないでしょうか。

3.花束に見えた人は「果敢な挑戦」

図形が花束に見えた人は、この先1年のうちに果敢な挑戦をやめるべきではないかもしれません。あなたは、もともとチャレンジャーで少し無謀と思えるような挑戦でも受けて立とうとするようなところがあるでしょう。でも今はそれによる失敗で気持ちが萎えてしまっているようです。

このタイプの人は、向上心が強く勇気のある人でしょう。そのため、少しくらいのリスクを負ってでも、難しいことに挑戦しようとするガッツがあるはずです。でもその分失敗も多く、痛い目を見ることもあるのではないでしょうか。

流石のあなたも、少し気が滅入ってしまっているのかもしれません。でもここで果敢な挑戦をやめてしまっては、あなたらしさがなくなってしまうでしょう。失敗してもめげずに立ち向かうのが、あなたの一番の魅力なはずです。

4.鳥に見えた人は「目標達成の努力」

図形が鳥に見えた人は、この先1年のうちに目標達成の努力をやめるべきではないかもしれません。あなたが今地道に頑張っていることは、なかなか成果の出ないことなのではないでしょうか。そのせいで心が折れてしまいそうになっているのかもしれません。

このタイプの人は、地道な努力ができる努力家でしょう。ただ、あまりにも成果が出ないと、流石のあなたもモチベーションが下がっていってしまうのではないでしょうか。無駄な努力をしているだけに感じられ、やめたくなってしまっているのかもしれません。

ここで気持ちに負けてやめてしまっては努力が水の泡です。あと1年は頑張ってみると決めて目標達成の努力を続けてみるとよいでしょう。もしそれでも達成できないのだとしたら、そのときに目標自体を見直してみればよいのかもしれません。



ライター:aiirococco
公認心理師、臨床心理士として総合病院にて働いております。知っているようで知らない自分のこと。自分の心理をのぞいてみませんか?自分を知るワクワクドキドキ感をお伝えします!
編集:TRILLニュース

の記事をもっとみる