1. トップ
  2. 「何に見える?」あなたが“集中できる場所”がわかる心理テスト

「何に見える?」あなたが“集中できる場所”がわかる心理テスト

  • 2022.11.27
  • 66589 views
undefined

集中してやりたいことがあるときに、あなたはどういう場所へ行きますか?せっかく集中しようと思っていたのに、結局気が散って何も進まなかったという経験がある人は、自分が集中しやすい場所を理解していないかもしれません。あなたが“集中できる場所”を探ってみましょう。

図形が何に見えますか?直感でお答えください。



1.たこ

2.ドクロ

3.丸椅子

4.逆さまの買い物袋



1.たこに見えた人は「おしゃれな場所」

図形がたこに見えた人は、おしゃれな場所が集中できる場所かもしれません。集中したいときには、おしゃれなカフェやワークスペースに行くとよいかもしれません。あなたがおしゃれだと感じる場所ほど、質の高い集中を保つことができそうです。

このタイプの人は、感化されやすく周りの雰囲気に馴染みやすいところがあるでしょう。おしゃれな場所にいるだけで、おしゃれな自分になった気持ちになれ、気持ちがノリやすくなるのではないでしょうか。気持ちがノルと、一気に集中力が高まり作業効率が上がりそうです。

ただ、おしゃれと一口に言っても、人によって何をおしゃれと感じるかは様々です。まずはあなたにとっておしゃれだと感じる場を探すことが大切なのかもしれません。一つ見つけられると、集中したいときにはそこへ行くというよい流れができそうです。

2.ドクロに見えた人は「ザワザワした場所」

図形がドクロに見えた人は、ザワザワした場所が集中できる場所かもしれません。図書館などの静かな場所では、逆に落ち着かず気が散って集中できないのではないでしょうか。みんながガヤガヤと自由に喋っているような場所ほど高い集中を保つことができそうです。

このタイプの人は、おおらかそうに見えますが、実は繊細なところがある人でしょう。そのため、静かな場所では、逆に物音が気になって集中しづらいかもしれません。さすがに話しかけられている中で集中することはできませんが、しっかりと音が鳴っている方が集中しやすいでしょう。

同じザワザワ感でも、あなたの中で心地よいと感じるレベルのザワザワ感がありそうです。ラジオが鳴っている程度のザワザワ感がよい人もいれば、大人数が喋っているような場がいい人もいるでしょう。まずは心地よいレベルのザワザワ感を見つけることが大切そうです。

3.丸椅子に見えた人は「静かな場所」

図形が丸椅子に見えた人は、静かな場所が集中できる場所かもしれません。カフェなどのザワザワした場所では落ち着かず、図書館のように静寂があるところでないと集中できないのではないでしょうか。音がなければないほど高い集中を保つことができそうです。

このタイプの人は、敏感で周りを気にしやすいところがあるでしょう。ザワザワしていると、周りで話している内容に意識がいってしまい、なかなか集中できないかもしれません。小さな物音でも、結構気にして集中が途切れてしまいがちでしょう。

みんなが集中しているようなワークスペースもいいですし、静かさが確保できるなら自宅もよいかもしれません。またスマホの音がなると気が散ってしまいますので、スマホも近くに置かないか音を消しておくとよりよいでしょう。

4.逆さまの買い物袋に見えた人は「慣れた場所」

図形が逆さまの買い物袋に見えた人は、慣れた場所が集中できる場所かもしれません。あまり行ったことがないカフェや、初めて行く図書館などでは集中する事が難しいでしょう。あなたにとって馴染んだ場所だと高い集中を保つことができそうです。

このタイプの人は、警戒心が強く何事に対しても慣れるのに時間を要しやすいところがあるでしょう。慣れるまでは勝手が分からず、なかなか気持ちが落ち着きにくいかもしれません。おそらく慣れた場所の中でも決まった定位置があるのではないでしょうか。

その慣れた定位置に着席できると、自然と高い集中に入っていくことができるでしょう。もし引越しなどで住環境が変わったときは、自分が慣れる場所を作ることが先決かもしれません。定位置が決まれば、また難なく集中することができるようになるでしょう。



ライター:aiirococco
公認心理師、臨床心理士として総合病院にて働いております。知っているようで知らない自分のこと。自分の心理をのぞいてみませんか?自分を知るワクワクドキドキ感をお伝えします!
編集:TRILLニュース

の記事をもっとみる