1. トップ
  2. 「デカすぎて男みてぇ」酷い言葉にダイエットを決意、その結果−40㎏!成功の秘訣とは?

「デカすぎて男みてぇ」酷い言葉にダイエットを決意、その結果−40㎏!成功の秘訣とは?

  • 2022.10.4
  • 9920 views

Thankyou Complex!

一番多いコンプレックスは見た目のコト。
悩む時間も努力できる根性も変われた達成感も…。
打倒コンプの道のりで得たたくさんのものたちが今の私をつくる糧。
結局、心の成長が一番の財産でしょ!

今回は、インフルエンサー・トレえみさん&ものまねタレント・丸山礼さんのお話をどうぞ♡

インフルエンサー・トレえみさん

ar(アール)web

小学生で170㎝、中学入学時には173㎝もあった私の身長。
あだ名は〝木偶の坊〟〝トーテムポール〟など、背にまつわるものばかりで、人より頭ひとつ飛び出ているのがいつも恥ずかしくて。
当時好きだった人はもちろん私より背が低く「デカすぎて男みてぇ」と言われたことで一気にコンプレックスに。
背を低く見せようと猫背&ぺたんこ靴が定着し、社会人になる頃にはストレス食いで体重88㎏。
縦にも横にも大きく、合コンで〝魔神ブウ〟と呼ばれる始末。
写真で友達の2倍はある大きな背中に唖然とし、今度こそやせると決意。
「高身長でスタイルがよければ私を笑った人たちをギャフンと言わせられる」と運動、食事、生活リズムなど、しっかり知識をつけて全力ダイエットに取り組んだ結果、−40㎏。
マイナスに感じていた〝背の高さ〟がスタイルアップのプラス要素に変化。
白T×デニムのシンプル服でも「超かっこいい!」と褒めてもらえた時は本当に嬉しかった!

ものまねタレント・丸山礼

ar(アール)web

体型、一重まぶた、ニキビ跡、歯の黄ばみ…。
どれも人と見比べることでより気になっちゃうもの。
生かせるものは生かして、お肌とか治せるものは努力するなかで、同じような体型なのでコーデが参考になるとSNS上で言ってもらえたり、あとはモノマネが似やすい顔と気づいて武器のひとつにできたのは人生で最高のプラス。
お友達に「私ってここ変だよね?」と聞かれても「え〜そんなことなくない?」と答えるのと一緒で、他人にとってはな〜んにも気にならないし、「ま、でもここは好きだし!」と肯定してあげると生きやすくなる!

考え方次第でコンプもバネに♡

Text:Ikeno Momo

元記事で読む
の記事をもっとみる