1. トップ
  2. ファッション
  3. 抜群のスタイルUP効果 「ゆるくないトップスが似合う」新しいフレアスカート【3選】

抜群のスタイルUP効果 「ゆるくないトップスが似合う」新しいフレアスカート【3選】

  • 2022.10.2
  • 623 views

リアルタイムで活躍するロングスカートはワンツーでさまになる、トップスとの相性で選びたい。上半身の細さを引き立て、脚を長く見せるAライン。トップスの長所が存分に生きるシルエットに着目して、旬の素材やデザインに更新。

細身トップスに映える「やさしい素材の厚み」

スカートは厚みのある素材にシフト。そこで「重くなりがち」を解消するのが広がりのいいAライン。ウールやコーデュロイなど、暖かい素材にある表面の起毛感がさりげなく飾りになるため、シンプルなトップスで辛口に仕上げても甘さが残る。




≫【この記事で使用したアイテムのプライス】写真の一覧


(WHITE CORDUROY)辛口なモノトーン配色を「和らげる」コーデュロイ

細うねの凹凸感で、白いフレアスカートの緊張感を緩和。細身の黒ニットとLADYに仕上げても、カジュアルな風合いによって、やさしい印象にまとまる。


(GREEN BONDING)キレイな形を保つボンディング風のふっくらとした質感

ボンディングに似た、厚地&弾力のある素材。ウエスト部分からふくらむため、スリムなトップスをいっそうきゃしゃ見せできる。白と合わせても迫力が出すぎない、ダークグリーンなどコクのある色がねらい目。


(GRAY WOOL)ウールでも重く見えない動きの出るヘムライン

ウエストまわりがフラットに整う、なめらかなウール素材。厚みがあっても動きが出るからドレープが引き立ち、渋い配色のぼやけも回避できる。

元記事で読む
の記事をもっとみる