1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「先生になるのは無理と言われたことも」ド素人で始めたチア講師、生徒から思わぬ言葉をかけられて…

「先生になるのは無理と言われたことも」ド素人で始めたチア講師、生徒から思わぬ言葉をかけられて…

  • 2022.10.3
  • 3377 views

イラストレーターであり、チアダンスの講師でもあるサトウユカさんによるマンガ。ある日のレッスン後、生徒から思わぬ言葉をかけられて……。

ド素人で始めたチア講師、生徒から思わぬ言葉をかけられ…

「ユカ先生独自のチアが良い!」と言われて…

レッスン後、生徒のYちゃんとお茶をしていたときに、チアの良いところとはという話になりました。

キビキビしたポンポンダンス、かっこいいヒップホップ、しなやかなジャズダンスと雰囲気の違うジャンルのダンスをすべて踊れるのがチアの良さだね〜などと話していたら、Yちゃんが「チアだけれどチアじゃないみたいな、ユカ先生独自のチアが良いんですよ!」と言ってくれました。

30歳からまったくの初心者で始めた私は「チア界の常識」的なことを知りません。

なので、例えばチアのイベント用の振り付けに芝居みたいな部分を入れたりスローモーションを入れたり、衣装も全員違うものを着てみたり(普通は全員衣装、髪型、メイクまでそろえます)などと、変わったことが好きなのもあり、かなり自由にやっています。

「良いんだろうか?」と思うこともありましたが、常識がないから自由にできるのは、それはそれで良いことなんだ! と思いました。

「ユカ先生独自のチアが良い」というのは、コンプレックスに思っていた部分がチャームポイントに変わったようなうれしい言葉でした。

ド素人からスタートしても夢はかなう!

ダンスを始めたのは30歳だし、チアの有名校出身でもないけれど、でもこうして44歳の今、小さな規模でも誰かに何かを伝えられたり、体を良いほうに持っていくお手伝いができています。

先生に「有名校を出ていないと先生になるのは難しい」と言われたあのとき、その言葉にめげずに「やりたい!」という気持ちに従ってよかったなあと思います。夢は強く願い行動すればかなうものですね♪

自分がときめいて始めたチアが、何か少しでも誰かの役に立つとうれしくて、よく感動してひとりで泣いています(笑)。

ダンスを教えたいというよりも、来てくれた人が笑顔になって帰ってくれたら、少しでも体を大事にしてくれたら、ストレス発散になったら、という思いがあります。

44歳のチアダンス講師として、この先どんなことをできるかはわからないけれど、愉快に笑いながら楽しい時間を作って行けたらいいなと思います!

皆さんも笑顔と体を大切に、年齢で諦めることなく、楽しい日々を過ごしていきましょう!

Go! Women!! Goオトナ女子!! Go! Fight! Win!

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:マンガ家・イラストレーター サトウユカ

イラストレーター&チアダンス講師&19歳17歳男子の母。30歳でチアと出会って魅力にハマり、講師の資格を取って30〜70代の大人女子たちに広めている♪

ベビーカレンダー/ウーマンカレンダー編集室

元記事で読む
の記事をもっとみる