1. トップ
  2. ファッション
  3. 姉から譲り受けたベビーカーを使わず返却。その理由に心が温まる漫画

姉から譲り受けたベビーカーを使わず返却。その理由に心が温まる漫画

  • 2022.10.2
  • 126167 views

子どもの誕生から、成長するごとにそろえていく育児グッズ。なかには、親族からのお下がりをもらう機会がある方もいるでしょう。特に大きなアイテムは経済的にありがたいですよね。今回ご紹介する話は、姉からお下がりのベビーカーをもらうことにした主人公のシカ(@shika_heibon)さん。ある日、夫とベビーカーをきれいに拭くこところから始まります。『ベビー用品に刻まれた記憶』の見どころをどうぞごらんください。

お下がりのベビーカーから感じ取れる「思い出」

姉からお下がりのベビーカーをもらうことにしたシカ(@shika_heibon)さんは、夫とベビーカーをきれいに拭くことにしました。

姉の子どもを何年ものせてきたベビーカーからは、姉と子どもの思い出が感じ取れたよう。黒ずんだサンシェード、擦り切れた手すりのカバー…。さまざまなパーツに、ベビーカーが活躍してきた足跡が見えるようです。

ベビーカーに残る、姉の子育ての記憶

ベビーカーを拭くうちにベビーカーに刻まれた思い出を感じ取ることができたシカさん。姉との会話を思い出しつつ、姪が成長するまで姉がどんな気持ちでこのベビーカーを使っていたのかと、想像をします。

このベビーカーは姉が母として成長していったあかしでもあります。姉は母として、姪は子どもとして。2人の成長のあかしがベビーカーに残されているのですね。

ベビーカーは日々使うことがあるアイテムだからこそ、多くのできごとが想像できそう。それが親しい人ならなおさらです。

姉のもとに戻ったベビーカー

結局、ベビーカーを姉に返すことにした主人公のシカさん。姉もシカさんとの会話で改めて、ベビーカーを通して娘との思い出を振り返ったようですね。

ベビー用品はいつか必ず卒業する時がくるものです。ですが、その一つ一つに思い出を数えきれないほど残してくれるものだと教えてもらいましたね。

もうすぐ卒業するアイテムがある方は、処分前に思い出を振り返ってみてはいかがでしょうか。

著者:ゆずプー

元記事で読む
の記事をもっとみる