1. トップ
  2. スキンケア
  3. 世界で1番睡眠時間が短い日本人女性…“寝不足肌”を健康に導くカギは毎日の保湿ケア!

世界で1番睡眠時間が短い日本人女性…“寝不足肌”を健康に導くカギは毎日の保湿ケア!

  • 2022.10.1
  • 423 views

実は、日本人女性は世界で1番睡眠時間が短いといわれているのを知っていましたか?

今回は、美容と睡眠の関係性、睡眠不足の肌を健康に導くスキンケアについて、表参道スキンクリニックの渋谷先生にお話を伺いしました。

睡眠不足で肌荒れに悩む方必見のオススメケアをご紹介していきます!

日本人女性の睡眠の短さは、実は世界No.1

OECD(経済協力開発機構)の国際比較調査の、各国の15歳〜64歳までの男女の睡眠時間を比較したデータを見ると、女性で平均睡眠時間が短い国は、日本が7.6時間、韓国が7.7時間、メキシコが8.1時間

男性では、ノルウェーが7.67時間、韓国が7.68時間、日本が7.87時間。日本人女性は世界で1番、男性でも世界で3番目と、実は男性・女性ともに睡眠時間が短いことがわかります。

日本人女性の肌は睡眠不足の“寝不足肌”

美容と睡眠の関係性と、睡眠不足の肌を健康に導くスキンケアについて表参道スキンクリニックの渋谷先生にお伺いしました。

渋谷先生:「充分な睡眠時間を確保できなかったり、不規則な生活をしていたりすることによる肌荒れに悩まれている患者さんは数多くいらっしゃいます。そのため、時間がある時に美容成分たっぷりのスペシャルケアを重ねている方も多いのではないでしょうか。

“肌自体を健康に導く”ためには、週に1度スペシャルケアを重ねるのではなく、適切なスキンケアを毎日続けることが大切です。中でも“保湿不足”はあらゆる肌トラブルの原因になるので、保湿をしっかりすることは健康な肌への土台づくりに繋がります。

睡眠不足になりがちな忙しい人こそ、毎日続けられるスキンケア商品を選ぶことで保湿ケアを継続していただきたいです。」

渋谷友香医師プロフィール
美容外科・美容皮膚科の「表参道スキンクリニック」の名古屋院・院長と表参道・医師を兼任。2016年に東海大学医学部を卒業し、その後は大学病院の形成外科にて活躍。「外見が美しくなることで自信を持って内側から輝いてほしい。」という想いを胸に、1人1人の理想に合わせた美容医療を目指す。
表参道スキンクリニックHP

睡眠不足と肌荒れの関係に着目した植物由来ペプチド配合のアイテム

【ナチュラルペプチド→ハリ・ツヤ成分 アセチルヘキサぺプチド‐8】

睡眠不足と肌荒れの関係に着目した植物由来のペプチドで、毎日のケアを続けることで、良い睡眠をとった後のようなスキッと明るいハリツヤを導きます。

オススメは「ルルルン」のナチュラルペプチド配合フェイスマスク!ゆらぎやすい大人の肌のバランスを保つ“肌メンテナンス”マスクで、肌メンテナンスタイプは、崩れやすい大人のゆらぎ肌にぴったり。

ごわついた肌をやわらげ、なめらかにする整肌成分「酵母β-グルカン」をはじめ、ハリとツヤを導く「ナチュラルペプチド」が配合されています。肌バランスを整え、ぷるんと弾むような肌へ導きます。

無着色・無香料・無鉱物油・アルコール無配合の低刺激処方。

毎日の保湿ケアができる「ルルルン」シリーズ

肌悩みに合わせて選べる種類が豊富なのが嬉しい「ルルルン」シリーズ。その日の肌状態に合わせて選べるように色々と種類ごとに揃えておくのもあり!

『ルルルンピュア シリーズ』ピンク(バランス)/青(モイスト)/白(クリア)
10代から20代の幅広いお肌の仕組みと悩みに着目した「ルルルン」を代表するピュアシリーズ。毎日使うことで肌が本来持つ力を鍛え、肌の基礎を長期改善することを目的にし、ゆらぐ肌をサポート。日々変わる肌コンディションに向き合い、うるおいを届ける部分を察知&アプローチ。肌への水分の届け方に着目したマスクです。

『ルルルンプレシャス シリーズ』GREEN(バランス)/RED(モイスト)/WHITE(クリア)
30代から40代前半の大人の肌悩みに着目した「ルルルン」のファーストエイジングケアシリーズ。トラブルを抱えがちな大人肌に不足しているものを外から補うだけでなく、年齢とともにごわついてきた肌をオイル「L-22®」でほぐして浸透力をアップし、毎日使い続けることで肌本来の持つ“美肌力”を鍛えます。理想の肌をつくるため、毎日使いのフェイスマスクで肌の環適応力を上げ、長期的なケアへ。年齢を重ねるとともに肌のターンオーバーが遅くなり、糖化現象が起こるためごわついてきますが、その中でも質や量が変化する皮脂にアプローチし、油分と水分のベストバランスを実現!

『ルルルンOVER45 シリーズ』カメリアピンク(モイスト)/アイリスブルー(クリア)
「大人の肌の分かれ道」と言われている45歳前後で減少すると言われる女性ホルモン「エストロゲン」と、肌に存在し五感を司る「感覚受容体」に着目したシリーズ。45歳の“大人の肌の分かれ道”に取り入れたい、厳選した成分を配合。アンチエイジングではなく、年齢を重ねた“今”の肌の美しさを最大限に引き出す、45歳以上の「ウェルエイジング」ケアを考えを提案したシリーズ。加齢により減少する2つの働きを補うこだわりの共通成分を配合し、肌悩みに合わせて選べる2タイプで展開。

元記事で読む
の記事をもっとみる