1. トップ
  2. ファッション
  3. 合わせ方が9割 「デニム上手の特徴が分かる」秋からのコーディネート図鑑

合わせ方が9割 「デニム上手の特徴が分かる」秋からのコーディネート図鑑

  • 2022.10.1
  • 478 views

着る服の点数が増える分、組み合わせの幅も増える秋冬はデニムにとっても工夫のしがいがある季節。そんなデニムを軸にして着たい服、試したい組み合わせや、惹かれる色。繰り返し見て明日のコーディネート、これからの買い物計画に役立つコーディネートを総まとめ。

001.白タートルでカラーシャツに立体感


コクのあるブラウンやベージュ、あるいは淡くキレイな色など、抜けて見える白を内側に仕込むことで、より奥行きのある立体感を構築。シャツ1枚で着るよりも間のびせずに装える。


002.いつ見ても惹かれる「王道」の強み


知的でかわいげもある、パリジェンヌのデニム姿からインスパイア。ニットの心地よさやスエットの気楽さをへて、たまには必要な「ジャケットの緊張感」。正統派なブレザーでも決してかた苦しく見えない、ナチュラルでいられる白Tとデニムとともに。


003.さりげなくフレアが効いたデニム

トレンドのフレアデニムはクセのない濃紺でキレイめに。くるぶし上の丈感にショートブーツを合わせるバランスも新鮮。スエット&デニムのシンプルな組み合わせも、コクのあるオレンジを合わせ、配色に遊びを。


004.ドレススカートにはGジャンを


Gジャン&スニーカーのメンズライクなセットでスカートやワンピースを挟むテクニック。直球で女性らしい、サテンスカートもデイリー仕様に。


005.結果すべてがラクな白


白のワイドめなデニム、ロンTに大ぶりのストール。ためらいなく着られるアイテムをすべて白でそろえ、クリーンな抜け感をつくる。派手柄をとり入れてもさまになるバランスが完成。


006.ブルーデニムに似合う「かわいい色のニット」

どんな色も上手に受け止めてくれる、ブルーデニムを軸に置いて選びたいカラーニット。やさしい質感がもたらす色みや、無骨なデニムに甘さが加わる風合い、ブルーデニムとのコントラストが美しいヴィヴィッドカラー。


≫【簡単な合わせ方でデニム上手になれる】コーディネート術の一覧

元記事で読む
の記事をもっとみる