1. トップ
  2. おでかけ
  3. 口から大量の虫が噴出! 台湾全土を震撼させた怪奇事件“紅い服の少女”を映像化

口から大量の虫が噴出! 台湾全土を震撼させた怪奇事件“紅い服の少女”を映像化

  • 2022.9.30
  • 38469 views
口から大量の虫が噴出! 台湾全土を震撼させた怪奇事件“紅い服の少女”を映像化
(C)2015 The Tag-Along Co., Ltd (C)2017 The Tag-Along Co., Ltd

動画に映り込んだ謎の少女。その数日後、撮影した家族のひとりが謎の死を遂げた…

台湾で話題を呼んだ都市伝説ホラー映画『紅い服の少女 第一章 神隠し/第二章 真実』より、第一章、第二章それぞれの本予告を紹介する。

1998年、台湾で人気を博した心霊番組に1本の動画が投稿された。動画には、ハイキングを楽しむ普通の家族が映されていた。普段と変わらない様子ではあったが、よく見ると家族ではない、紅い服を着た少女が映り込んでいた…。その数日後、家族のひとりが謎の死を遂げる。

台湾全土で多くの憶測を呼んだ怪奇事件“紅い服の少女”は、無数の都市伝説を生み出し、90年代を象徴する社会現象となった。その後に映画化され、2017年度台湾映画興行成績第1位を叩き出し、恐怖の大ヒットホラー映画として台湾全土を再び席巻。そして、いよいよこの秋、日本にその恐怖が上陸する。

『紅い服の少女 第一章 神隠し』の予告編は、監視カメラの映像を見ていた男性が、不審な影に悲鳴を上げるシーンから始まる。そして「実話に基づいたストーリー」というテロップ、謎の失踪事件に続き、入院中の老婆が「あの子の名前を呼んでしまった!」と叫んで錯乱する姿が切り取られる。

後半では「みんなで行こう。山に行って、あれに会おう」という男性の歌声に合わせ、主人公イージュン(アン・シュー)が物語のカギを握る山へと導かれていく。、不気味な映像のフラッシュバック。人とは思えない形相の“何か”が悲鳴を上げて映像は終わる。

『紅い服の少女 第二章 真実』の予告編では、前作の主人公イージュンが傷だらけの状態で病院のベッドに横たわっている。イージュンとリー(レイニー・ヤン)との会話からは、イージュンは15年前に閉鎖された病院で発見されたことが分かる。

そして「母の愛が悪夢を呼ぶ」のテロップを合図に、“何か”をむさぼり、口から大量の虫を噴出する女性、壁をはう“何か”などの衝撃的な映像が矢継ぎ早に映し出される。

『紅い服の少女 第一章 神隠し/第二章 真実』は9月30日より劇場公開される。

元記事で読む
の記事をもっとみる