1. トップ
  2. 恋愛
  3. 結婚14年…気持ちを伝えることが鍵だった『夫婦げんかで学んだこと』

結婚14年…気持ちを伝えることが鍵だった『夫婦げんかで学んだこと』

  • 2022.9.29
  • 7447 views

日々の育児と家事で休む暇もないという方なら「パートナーにサポートしてほしい…」と心から願うことがあるのではないでしょうか?串子@育児マンガ(@kushiko_yasu)さんは、子どもの病院への通院でへとへとになってしまったある日、サポートしてくれなかったパパに対して感情をぶつけてしまったことがあるそうです。しかしそのできごとで夫婦が分かり合えたと感じる部分もあるそう。『夫婦げんかで学んだこと』ダイジェストをごらんください。

4歳児連れの通院後、のんびりスマホをいじる夫の姿に唖然

4歳のショウくんを病院に連れて行って、へとへとになりながら帰宅した串子@育児マンガさん。病院からの連絡ですでにパパが帰っていることを知り、「夕飯一品くらいは作ってくれているよね」と期待していたものの、帰るとパパは寝転がってスマホを見ています。

そして「何もしてない感じ?」との串子@育児マンガさんの言葉にごまかして、そのままそそくさと車で出かけてしまうのでした。

「俺は休憩しちゃいけないわけ?」夫の言い分

夫が出掛けてから夕飯の準備、もちろん育児もしつつその後また仕事を再開する…といういつもの日常をこなしていたところ、帰ってきた夫。串子@育児マンガさんが不満を伝えると、夫は「イラッとした」「俺は休憩しちゃいけないわけ?」と不満を伝えてきます。

その言葉に「私は休憩なんてない」と言い返しつつも、「論点がずれている」「言いたいことが違う」と感じる串子@育児マンガさん。

感情があふれたそのとき、やっと気持ちが通じる

ついに感情があふれて泣きながら「どうして助けてくれないの?」と本当の気持ちを伝えます。するとパパはその気持ちを汲み取り、今回のこと、今までのことに対し自分の気持ちを向けてくれたのです。

夫婦でも相手に対して気持ちをしっかりと伝えることで、わかりあえることもあるでしょう。串子@育児マンガの漫画では夫婦がうまくやっていくための秘けつを学べます。夫婦関係がうまくいかない方、もっとうまくいく方法を探している方におすすめです。

著者:シンクアフェーズ

元記事で読む
の記事をもっとみる