1. トップ
  2. 日本の人気ドラマ「アンナチュラル」、韓国でリメイク決定

日本の人気ドラマ「アンナチュラル」、韓国でリメイク決定

  • 2022.9.28
  • 5418 views

日本の人気ドラマ『アンナチュラル』が韓国でリメイクされる。

BIG WAVEエンターテインメント(代表ソン・チャンジュン)とネオストーリー(代表ナム・ヒョンジ)は26日、「日本のTBSと『アンナチュラル』の韓国版の制作のための版権契約を締結した」と明らかにした。

『アンナチュラル』は法医学者である主人公が不自然な死の裏に隠された事件の真実を究明していくミステリー医学ドラマだ。

男性中心的な数々の医学ドラマの中で、女性法医学者の視線を描き出し、日本だけでなく韓国国内視聴者の間でも好評を得てマニア層を形成してきた。

『逃げるは恥だが役に立つ』、『MIU404』を執筆した日本の人気作家野木亜希子原作の『アンナチュラル』は第96回日本ドラマアカデミー賞で最優秀作品賞、主演女優賞、助演男優賞、脚本賞、監督賞、OST賞の計6冠を達成し、作品性と興行性を備えた秀作であることを立証した。

BIG WAVEエンターテインメントは「すでに優秀性を認められた原作をリメイクすることができて嬉しい。両社が保有している企画力と制作力をもとにに原作の長所を生かして良いシナジーが出せるだろう」とし「現在、韓国版『アンナチュラル』は台本を脚色中で、完成し次第キャスティング、撮影を進行する予定だ」と伝えた。

総合エンターテインメント社のネオストーリーは、カカオウェブトゥーンで連載中の『26番目の殺人(原題)』を皮切りに、ウェブトゥーンの映像化への第一歩を踏み出した。


元記事で読む
の記事をもっとみる