1. トップ
  2. グルメ
  3. この秋、大切な人と。岡山屈指の美観地区「倉敷」で非日常を楽しむ8つの方法

この秋、大切な人と。岡山屈指の美観地区「倉敷」で非日常を楽しむ8つの方法

  • 2022.9.24
  • 590 views

9月に入り、そろそろ秋のお出かけの計画を考え始める時期になりましたね。どこを歩いても風情がありロマンチックな非日常を楽しめる倉敷は、大切な人とのおでかけにおすすめのスポットです。きっと素敵な思い出ができること間違いなしのこの街で、今秋にしたい8つのことをご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

(1)美観地区をまったり散歩する

倉敷での見どころのひとつは、なんと言ってもやはりその街並みの美しさです。歴史を感じる白壁の建物がずらりと続く景色は圧巻。昼と夜では全く違う表情の街を楽しむことができますし、徒歩で十分に楽しめる比較的小さな街なので、ぜひたくさんお散歩をしてみてください。

おすすめアクティビティ▷川舟流し

倉敷の景観を楽しむなら、「川舟流し」の体験をするのがおすすめ。船頭さんからの説明を聞きながら倉敷川をゆったりと進み、歩きで周るのとはまた違った角度から倉敷の街を眺めることができます。(チケットは倉敷観光案内所での当日販売のみです。とても人気があるので、早めの時間帯に購入するのがおすすめです。)

詳細情報

倉敷美観地区

(2)幸せになれると噂のスイーツを食べる

おすすめスポット▷有鄰庵

倉敷に行ったら絶対に食べたいのが、「有鄰庵(ゆうりんあん)」のしあわせプリン。なめらかで極上の食感がまさに幸せそのもの!といったこちらのプリンは、「食べてから2週間後に倉敷や有鄰庵での楽しかった記憶を思い出すと、幸せなことが起こる」という噂で人気です。

プリンに描かれた顔はそれぞれ違っていて、スタッフさんが持ってきてくださるプリンたちの中からその日の気分で自分で選ぶことができます。可愛らしい「ももじりグラス」に入った桃ジュースや、甘酒を使った体にやさしいパンナコッタもおすすめのメニューです。

詳細情報

ゲストハウス&カフェ有鄰庵

(3)ゆったりモーニングで素敵な1日の始まりを

おすすめスポット▷Cafe Gewa

せっかくの旅行なら、朝ごはんも素敵なものを食べたいですよね。そんなシーンにおすすめなのが「Cafe Gewa(カフェ ゲバ)」のモーニングです。真ん中が空いてキッチンになっている大きな丸いカウンターの席に座って、目の前で作られていく料理を待つ時間もまた至福のひととき。

こちらのお店のモーニングメニューでおすすめなのは、種類豊富なトーストとスパイスの効いたカレーです。どれもボリュームはありますがぺろりと食べられてしまう美味しさです。ごはんやコーヒーのいい匂いが漂う店内、何を頼もうか朝からわくわくしてしまいそうですね。

詳細情報

Cafe Gewa

(4)食べ歩きで倉敷グルメを堪能する

おすすめグルメ①▷「橘香堂」のむらすずめ

続いて旅の途中に一緒に食べたい食べ歩きグルメをご紹介します。こちらは、もちもちの皮であんこをふわりと巻いた、和風クレープのような倉敷の銘菓「むらすずめ」。お土産用に箱詰めされたもの以外に、バラ売りでも購入できます。サイズもそこまで大きくないので、おやつにさくっと食べられます。

詳細情報

橘香堂 美観地区店

おすすめグルメ②▷「ゆらの助だんご 多賀屋」のおだんご
photo by mogumogu

続いてご紹介する「ゆらの助だんご 多賀屋」のおだんごは、もちもちふわふわの食感と小さめのサイズ感が特徴です。おだんご1つがビー玉程度のサイズかつ価格もリーズナブルなので、色々なものを食べたい人には特におすすめです。

詳細情報

ゆらの助だんご多賀屋

おすすめグルメ③▷「肉のいろは」のコロッケ
photo by mogumogu

続いてご紹介する食べ歩きグルメは、「肉のいろは」のミートコロッケです。JR倉敷駅から美観地区に向かう途中の商店街に構えるこちらの精肉店では、素朴な味のお惣菜をリーズナブルに楽しめます。地元民も太鼓判を押すコロッケは必食です!

詳細情報

いろは食品(株)阿知店

(5)小料理屋さんでしっとりディナーを

おすすめスポット▷浜吉 ままかり亭
photo by mogumogu

最高の1日の締めくくりに、おいしい夜ごはんは欠かせませんよね。倉敷でディナーをするなら、瀬戸内の幸を少しずつ堪能できる小料理屋さん「浜吉 ままかり亭」がおすすめです。雰囲気もばっちりの店内でゆっくりと食事とお酒が楽しめます。

photo by mogumogu

こちらのお店でおすすめなのは、店名にも入っている岡山の名物の小魚「ままかり」を使ったお料理です。岡山のふるさとの味をぜひ味わってみましょう!タコやシャコ、穴子など新鮮な海鮮を贅沢に使った小皿料理も絶品です。

詳細情報

浜吉 ままかり亭

(6)「大原美術館」で芸術に触れる

倉敷での観光で絶対に外せないスポットのひとつ「大原美術館」。アクティブに動くだけでなく旅先でまったりと芸術を楽しむのも素敵ですね。大原美術館には国内外の名画や工芸品が多く展示されているので、普段あまり美術館に行かない方でも楽しめること間違いなしです。

本館、分館、工芸・東洋館、に分かれている大原美術館は見応えもたっぷりです。あの「睡蓮」を描いたクロード・モネの自宅の庭から株分けされた睡蓮が咲く庭園もあり、一目見ようと毎日多くの人が訪れます(開花の時期は5月中旬〜10月下旬です)。

詳細情報

大原美術館

(7)倉敷デニムストリートでお気に入りを見つける

実は倉敷ではデニムも有名なこと、みなさんはご存知でしょうか?美観地区の一画にあるデニムストリートでは、定番のデニムパンツやスカート、シャツなどの衣類からカバンや靴などの服飾品まで何でも揃います。

おすすめグルメ▷デニムまん

倉敷のデニムストリートでは、他ではなかなか食べられない「デニムグルメ」を楽しむことができます!クチナシの花を使って青く染まったデニムまんは、びっくりしてしまうような見た目とは裏腹に非常に美味しく食べられます。デニムソフトやデニムバーガーなど、デニムカラーの他のグルメもおすすめです。

詳細情報

倉敷デニムストリート

(8)鷲羽山から絶景を眺める

倉敷では大自然を身体全身で感じることもできます。こちらの「鷲羽山」からは大きくそびえ立つ瀬戸大橋とその下に広がる瀬戸内海の美しさを堪能することができます。その美しさは、頂点まで鷲羽山を登る大変さを忘れてしまうほどです。

こちらのスポットのおすすめポイントは、時間や時期によって全く異なる美しさが楽しめることです。朝方に日の出とのコラボレーションを楽しむもよし、夕方に夕日が沈む様子をまったり眺めるもよし、どの時間帯でも美しい景色を見ることができます。

詳細情報

鷲羽山

秋の倉敷で極上の旅をしよう。

いかがでしたか。街並みも食べ物も素晴らしく、芸術にも触れられる倉敷は秋の旅先にもぴったりです。大切な人との特別な思い出を作りに、ぜひ足を運んでみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

元記事で読む
の記事をもっとみる