1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 自動で点灯!キャンドゥのセンサーライトは高コスパでかなり使える

自動で点灯!キャンドゥのセンサーライトは高コスパでかなり使える

  • 2022.9.22
  • 9588 views

100均キャンドゥで販売されている「センサーライト」は、550円商品だけど性能が高い神コスパアイテムです。 気になる性能や詳しい機能、使い勝手など、実際に使って調べてみました。

キャンドゥ「センサーライト」

こちらがキャンドゥの「センサーライト」です。
550円という100均としてはまぁまぁお高めのアイテムとなっていますが、その実力の高さはかなり優秀と評判になっています。

【製品仕様】
本体サイズ:約23×3×2.1cm
材質:本体:ABS樹脂・ポリスチレン樹脂/光源:SMDライト
付属品:設置用両面テープ
電源:単四乾電池×4本(別売)

開封して裏返してみると、こんな風になっています。

3Mの両面テープが既に2枚貼られていて、あとは設置したい場所に剥がして貼り付けるだけという手軽さです。

電源として、単四電池が4本必要です。こちらは別売りとなっているので、センサーライトとは別にご用意ください。

電池を入れる向きに注意

電池を入れるときに、少し困った事態になりました。
本体に「+」「-」の表示が見当たらなかったので、どちら向きに入れるのが正解か一瞬わかりませんでした。

取り扱い説明書には明確に記載されていますので、本体を見てわかりにくい場合はご確認ください。

電池の入れ替え時に向きを間違えてしまわないよう、筆者はマスキングテープで予め「+」と「-」を書いて貼っておくことにしました。

これで安心です。

3Mの両面テープはマジックテープ仕様

本体裏側に付属している両面テープは、電池交換の際に簡単に取り外しができるようマジックテープ仕様となっています。

両面テープは安心の3M製品なので、強度や使い勝手など信頼できるのもポイント高いですね。

マジックテープを固定したい場所に貼り付ける

2枚とも、マジックテープをはがします。
はがした方のテープを、センサーライトを固定したい場所に貼り付けます。

夜中でも安心!暗い廊下に設置

まず、夜中になると真っ暗になる廊下の足元に設置してみることにしました。

テープ2枚を木枠の部分に貼り付けてみます。

マジックテープを貼り付けた場所にセンサーライト本体を貼り付けたら、もう設置完了です。

思っていたより簡単にできてしまいました!

明るさも点灯の速さも十分!

試しに廊下を真っ暗にして近づいてみたところ、すぐに点灯しました。明るさも申し分なく、これなら夜中にトイレで起きたときなども安心です。

人感センサー搭載のセンサーライトなので、当たり前と言えば当たり前なのですが、たったの550円でここまでしっかり使えるとは、とてもありがたいです。

戸棚やクローゼット内に設置するのもおすすめ

筆者は実はこちらの使い方のほうが本命だったのですが、暗くて見づらい戸棚の中なんかにもセンサーライトはおすすめです。

センサーライトを設置することで、扉を開けるだけですぐにライトが点灯するようになり、中のものを探しやすくなりました。

暗くて使いにくい収納庫をお持ちの方は、ぜひ試してみてください。使い勝手が格段にアップしますよ。

人感センサーの実力は必要十分!コスパが高い

センサーライトは、「前に立つ」もしくは「暗くなる」といった条件で点灯するようになっています。

センサー感知エリアは、左右約110度、上下約100度となっていて、実用には十分です。
一度点灯したときの保持時間は約18秒となっており、使いやすいです。

防災用品としても優秀

防災用品として、懐中電灯を備えている方も多いと思われますが、こちらのセンサーライトもあると安心です。

単四電池が4本あれば動くので、急な停電時にも心強いのではないでしょうか。

キャンドゥの「センサーライト」は気になるなら買って損なし!

キャンドゥのセンサーライトは、550円とは思えない性能の高さで、人感センサーの感度も申し分なく、かなり便利に使えます。

防災用品としてもあると安心なので、気になる方はぜひ試してみてくださいね。

元記事で読む
の記事をもっとみる