1. トップ
  2. ヘア
  3. メンズパーマ、スタイリングさえ覚えたら最強に楽だった!

メンズパーマ、スタイリングさえ覚えたら最強に楽だった!

  • 2022.9.20
  • 227 views
パーマヘアのお悩みを解決
パーマヘアのお悩みを解決

メンズのパーマってどうなの? スタイリングがラクになりそう? スタイリング剤の量は? パーマヘアのお悩みを解決したい!

パーマをかけたけれど、髪が広がってしまう、分け目はどうしたらいいのかわからない! などの新たな悩みが生まれたことはありませんか?

そんなパーマヘアのお悩みを解決しつつ、カジュアル・ビジネスシーンに応用するスタイリングを中目黒・自由が丘にあるヘアーサロンMarrの河野さんに教えてもらいました!

何もしないとこんなに広がってしまう
何もしないとこんなに広がってしまう

Case:1髪質:直毛で細い毛質悩み:パーマが広がる・分け目がわからない・スタイリング剤はどう使ったらいいのかわからない

パーマスタイルをカジュアルに仕上げるなら、ウエットな質感がポイント

カジュアルシーンにはウェットな質感でこなれ感を
カジュアルシーンにはウェットな質感でこなれ感を

ナチュラルな状態だと髪が広がってしまい、大変なことになりませんか?

せっかくパーマをかけたのに、毛先のパサつきで乾燥しているように見え、清潔感も感じない残念なヘアースタイルではもったいない! 毛の動きを活かしたスタイリングを覚えて、楽でおしゃれを目指しましょう。

まずは、ヘアウォーターや水で濡らした髪をしっかりタオルドライ。根本が乾いている状態で毛先にバームを満遍なくもみ込みます。パーマによる毛束感を生かしつつ、ラフに動きを出したカジュアルでツヤ感溢れるウェットな仕上がりに。

バームは根本から先につけてしまうと、時間がたつとペタッとつぶれてしまうので、毛先にもみ込むのがポイント。冷風や弱風で毛先をもみ込みながら風をあてて形状記憶させると、スタイルが決まります。

ビジネスシーンにはナチュラルセンターパートで好印象を

ビジネスシーンにはナチュラルセンターパートで清潔感をプラス
ビジネスシーンにはナチュラルセンターパートで清潔感をプラス

清潔で、かつスマートな印象を与えたいビジネスシーンには、9割ほど乾かしてパーマの動きをふんわり毛先に残しましょう。毛先の動きがあるので、ストレートよりもこなれた大人の雰囲気もプラスされます。

分け目はトレンドでもある、センターパートがおすすめ。ビジネスシーンで大切なきちんと感は、額を見せることで、端正な面持ちと洗練された雰囲気を表現でき、信頼できる大人の印象を与えることが可能です。

スタイリング剤は、オイルジェリーを使用し、乾かした髪の毛先を中心に全体にもみこむとより自然なスタイルに。あくまでさりげなく毛先を遊ばせるのが、好印象のカギです。

スタイリング剤の量はどのくらい?

左: アリミノ ダンスデザインチューナー モダンシマー /¥1,980(税込) 右: セフティ コキュウ メロウバーム/¥2,640(税込)/hair salon marr
左: アリミノ ダンスデザインチューナー モダンシマー /¥1,980(税込) 右: セフティ コキュウ メロウバーム/¥2,640(税込)/hair salon marr

動きがありつつ、ツヤ感のある仕上がりには、スタイリング剤を使い分けるのもおすすめ。写真の量を参考に髪質に合わせて調整を。柔らかい髪質の場合は、つけすぎるとボリュームがなくなりすぎてしまうので注意が必要です。

バームコキュウ メロウバーム

自然なまとまりと動きをつくるバームは、固形のまま髪につけるとベタついてしまうので、手のひらでしっかりオイル状になるまでなじませて髪に塗布します。ラフに束感やツヤ感を出したいときにおすすめです。

おすすめのスタイル:セット力は弱めなので、ミディアムくらいの長さにおすすめ。

ジェリータイプアリミノ ダンスデザインチューナー モダンシマー

伸ばすとオイル状になり艶やかな濡れ髪をつくるスタイリング材。なじみのよいジェリータイプはセットがしやすく、もみ込むだけでスタイルが決まります。固まらないのにキープ力が高いのもポイント。しっかりパーマのリッジを出したい時はウェットの状態で毛先に塗布して冷風で乾かしましょう。

おすすめのスタイル:パーマスタイル全般、メンズミディアムからレディースショートにもおすすめです。

パーマヘアのボリュームをスタイリング剤の使い分けや、ちょっとしたコツでコントロールすれば、こんなに楽でおしゃれ見えが決まるのか!と目から鱗のパーマお悩み解決となりました。秋に向けて、ぜひパーマヘアを味方につけて、こなれ男子を目指してください!

(LASISA編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる