1. トップ
  2. 松岡茉優、岡田准一にアドリブバックハグ! 感触は「まるで大木」

松岡茉優、岡田准一にアドリブバックハグ! 感触は「まるで大木」

  • 2022.9.20
  • 1026 views
松岡茉優、岡田准一にアドリブバックハグ! 感触は「まるで大木」
映画『ヘルドッグス』の公開記念舞台あいさつの様子

女優の松岡茉優が9月17日、都内で実施された映画『ヘルドッグス』の公開記念舞台あいさつに主演の岡田准一、坂口健太郎、松岡茉優、MIYAVI、原田眞人監督と共に登壇。本作にまつわるトークで会場を盛り上げた。

岡田准一、松岡茉優に飛びつきバックハグされて「ドキドキしましたよ! 」

本作は、深町秋生の「ヘルドッグス 地獄の犬たち」が原作。ヤクザ組織への潜入捜査を命じられた元警察官の主人公・兼高(岡田)が、組一番のサイコボーイで相性98%の室岡(坂口)とバディを組み、驚異的な速度でのし上がっていく様を描く。

岡田は「主演映画の公開初日は嬉しい気持ちと緊張と両方あるんですが、その時間を昨日、坂口さんと一緒に食事をしながら過ごしました。0か100か、好きかどうか、という作品になっていると思いますが、好きだと思ってくださった方はアツく好きだと言ってくれている。そういう作品になった事を誇りに思います」とついに映画公開を迎えた喜びを明かし、感無量な様子。

坂口は「撮影当時は、濃くて濃密な空気が流れる時間を過ごしました。この匂い、色にいい意味で毒されて欲しいです」と自身のイメージを覆す新境地を切り拓いた役柄に挑戦した作品への想いを明かし、松岡は「本当に目が離せない映画なので、みなさんお疲れでは?」と上映後の観客に向かって冗談を飛ばしながら、「こうして作品が皆さんに届いて嬉しいです」と笑顔を見せた。

映画公開の喜びを語りあう登壇者らの前に突然、全員の秘エピソードを集めたという“秘密ファイル”が登場。スタッフが大事そうに抱えるファイルの登場に、岡田も「そんなに!?」と怯む一幕も。

司会から岡田、松岡に対して「兼高が朝食を作っているシーンで恵美裏が後ろから飛んで抱きつきましたが、これはアドリブ!?」と秘密が読み上げられると、岡田は「ドキドキしましたよ! 普段おじさんとの共演ばかりだから…嬉しいような緊張するような」と当時を振り返り、「(岡田に)飛びついた感じがもう人間じゃない安心感で…まるで大木のような。“キュン”じゃなくて“おぉ!”となりました」と岡田の驚異の猛者っぷりを暴露。

「私が兼高を台所で押し倒すシーンがあるんだけど、あれも実は岡田さんが片足で持ち上げてくれてて…」と強靭な体を誇る岡田とのエピソードが続々と披露され、原田監督は「岡田流のラブシーンだね」とコメントすると、岡田も「サポートしないと」とアクション振り付けも担う主演としての責任感をにじませていた。

松岡に対しては「恵美裏のグリーンヘアは自身が発案!?」と情報が。松岡は「監督に提案したらあっさりOKいただけました」と役作りのエピソードを明かしつつ、さらに「ラストのラストで私が来ている衣装、首の詰まった黒いドレスは、実は室岡のお気に入りという裏設定もありました」と話した。

元記事で読む
の記事をもっとみる