1. トップ
  2. グルメ
  3. 水筒が爆発の恐れも……水筒で保管してはいけない飲み物4選

水筒が爆発の恐れも……水筒で保管してはいけない飲み物4選

  • 2022.9.11
  • 34850 views

毎日マイボトルを持ち歩くという人も少なくありませんよね。しかし、ステンレス製の水筒の場合、入れてはいけない飲み物があることを知らない人もいるのではないでしょうか。場合によっては危険を伴うこともあるため、以下の飲み物はステンレス製の水筒で保管しないよう注意してください。

■爆発の危険性あり!炭酸飲料

炭酸飲料に含まれているのは、大量の炭酸ガスです。水筒の中に炭酸飲料を入れておくと、時間が経つにつれ蒸発した炭酸ガスが溜まります。

その結果水筒の圧力が高まり、噴き出したり蓋が開かなくなったり、最悪の場合爆発することも!危険なので炭酸飲料は水筒には入れないようにしましょう。

■牛乳や乳飲料、カフェオレ、果汁も実は危ない!

一見問題なさそうな飲み物ですが、これらを水筒に長く入れておくと、腐敗や発酵などにより、炭酸ガスが発生します。

また、長時間保管することで腐る可能性もあるため、水筒に入れない方が賢明です。

■アルコールは持ち歩き厳禁

アルコール類も、長時間保管していると発酵しガスが発生します。そのため、噴き出す、蓋が開かなくなる、爆発するといった危険性があるでしょう。水筒内にアルコールの臭いがついて取れなくなってしまうことも考えられます。

お酒は持ち歩かず、必要なタイミングで都度購入するようにしましょう。

■みそ汁やスープなど塩分の多いものは劣化の可能性が

みそ汁やスープといった、塩分の多いものも、実はステンレスに向いていません。塩分によりステンレスがさびてしまう可能性があります。

もちろんフッ素樹脂コーティングなどで守られてはいますが、塩分の多いものを入れ続けると、保温・保冷といった性能が落ちてしまうなど、水筒の寿命が縮む原因になるでしょう。スープ類を入れて持ち歩く場合は、専用のスープジャーなどを利用してください。

ちなみに、スポーツドリンクも、みそ汁ほどではないものの塩分を含んでいます。スポーツドリンクを入れた場合は、使用後にしっかり洗浄するよう心がけてください。

■正しく使用して危険を回避!

ステンレス製の水筒に上記のようなドリンクを入れ保管すると、性能が落ちる可能性があるだけでなく、爆発に至る恐れがあり危険です。水筒は必ず正しい使用方法を確認するようにしましょう。

文・佐々木佐奈

元記事で読む
の記事をもっとみる