1. トップ
  2. ファッション
  3. 自分への投資に!今買うべきは進化系アイコンジュエリー。

自分への投資に!今買うべきは進化系アイコンジュエリー。

  • 2015.10.23
  • 4088 views

「ラブ」ネックレス(PG×ダイヤモンド)¥572,500 Vincent Wulveryck © Cartier

【さらに写真を見る】自分への投資に!今買うべきは進化系アイコンジュエリー。

毎日頑張る自分へのご褒美に、そしてよりポジティブな未来の自分への投資に……。そんな気分で今買いたいのは、時を超えても色褪せず、タイムレスな魅力を放ち続けるアイコンジュエリー。そこで今回は、永遠のスタンダードとして一生大切にしたいアイコニックな新作ジュエリーを、人気ブランドからピックアップ。

CARTIER ダイヤモンドで華やかに彩られた伝説のジュエリー「ラブ」。

自由な愛とその絆を象徴するジュエリーとして、1970年にニューヨークで誕生したカルティエのラブ ブレスレット。ジュエリー界に伝説を残したその名品の精神を継承する「ラブ」コレクションに、新作のネックレスが登場。アイコンのビスモチーフが刻印された2連のサークルチャームに、敷き詰めるようにパヴェダイヤモンドをセッティングした煌めくデザインは、モダンでありながらも華やかなフェミニンさが魅力。肌馴染みのよいピンクゴールドとのコンビネーションは、端正なシャツから柔らかなニットスタイルまで、オールマイティに着けこなせそう。問い合わせ先/カルティエ カスタマー サービスセンター 0120-301-757

http://www.cartier.jp

TIFFANY 重ね着けしたい!優美な曲線を活かしたミニマルなブレスレット。

古くから継続的なつながりや、生命力の象徴として知られる“インフィニティ(無限)”の記号。優美な曲線を描くこのモチーフをミニマルなシェイプにアレンジし、その輪郭を活かしたスタイリッシュな「ティファニー インフィニティ」のカフ ブレスレット。ゴールドをベースに、ダイヤモンドをセッティングしたモダンなデザインは、単体で着けるのはもちろん、何本かを重ね着けするのもお似合い。存在感がありながらもさりげないデザインなので、デイ・ナイトタイム問わずに着けられ、毎日のスタイリングで欠かせないアイテムに。問い合わせ先/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク 0120-488-712

http://www.tiffany.com

VAN CLEEF & ARPELS 「スウィート アルハンブラ」にダイヤモンドモデルが初登場。

1968年にメゾンのアイコンとして誕生した幸運のシンボル、アルハンブラ。そのモチーフを繊細かつ愛らしく使った「スウィート アルハンブラ」コレクションに、初のダイヤモンドモデルが登場。ホワイトゴールドでかたどられたモチーフには、ダイヤモンドが敷きつめられ、華やかな煌めきを演出。モチーフを縁取るピーズのアクセントは、アルハンブラの優しい表情を際立たせている。6モチーフが連なる新作ブレスレットは、手元にフェミニンな存在感を与えつつ、ウォッチやほかのブレスレットとの重ね着けもお似合い。発売は11月1日予定。問い合わせ先/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク Tel. 0120-10-1906

http://www.vancleefarpels.com

TASAKI パールの新たな魅力を引き出す、モダンな直線ライン

タサキのクリエイティブ・ディレクター、タクーン・パニクガルによる初コレクションとして、デビュー当初から高い人気を誇る「バランス」シリーズ。パランスボールに着想を得て、パールを一直線に並べたミニマルモダンなデザインは、従来のパールが持つクラシカルなイメージを覆し、新たなパールの魅力を引き出している。その新作となる「バランス ダイヤモンド ソロ」のピアスは、直線的なパールのラインに煌めく一粒のダイヤモンドをセット。グラフィカルな中にも繊細な華やかさがプラスされ、よりコンテンポラリーな仕上がりに。問い合わせ先/タサキ 0120-111-446

http://www.tasaki.co.jp/

BOUCHERON メゾンの歴史を紐解く、ゴールドに刻まれた4つのモチーフ

ブシュロンの歴史を象徴する4つの伝統モチーフ、“グログラン”“ダイヤモンド”“クル ド パリ”“ダブルゴドロン”を取り入れた永遠の定番、「キャトル ラディアント」の新作リング。グラフィカルな彫刻が施されたピンクゴールドと煌めくダイヤモンドのコンビネーションが、とびきりモダンで華やかな一本。ユニセックスでも着けられるボリューム感のあるデザインで、スタイリッシュな手元を演出。問い合わせ先/ブシュロン カスタマーサービス 03-5537-2203

www.boucheron.com

PIAGET “回転して楽しむリング”という画期的なコンセプト。

くるくると回転させて楽しむことができるユニークなコレクション「ポセション」。デビューから25周年を迎えた今年にリニューアルした新作モデルは、アシンメトリーな2つのリングの曲線美がコンテンポラリーなデザイン。ピンクゴールドをベースに、ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドとパヴェダイヤモンドがセットされたモデルは、女性らしく洗練された雰囲気。そっと触れるたびに楽しく、リラックスした気分になれるリングは、着けるだけでポジティブなパワーを与えてくれそう。問い合わせ先/ピアジェ コンタクトセンター 0120-73-1874

http://www.piaget.jp

MIKIMOTO 永遠のハッピーモチーフ、四ツ葉のクローバーを耳元に。

風に揺れてそよぐクローバーの愛らしい美しさを、パールとダイヤモンドで立体的に表現した「フォーチュン リーブス コレクション」。キャッチ部分にパールをあしらった新作ピアスは、耳元に着けると360度どこから見ても可憐なフェイスラインを演出してくれる。幸運の象徴、四ツ葉のクローバーもさりげなく隠れたデザインは、いつもの日常にハッピーな輝きをもたらしてくれそう。発売は11月予定。問い合わせ先/ミキモト カスタマーズ・サービスセンター 0120-868254

http://www.mikimoto.com/jp/

参照元:VOGUE JAPAN