1. トップ
  2. シリーズ最小・42V型サイズ パナソニック「4K有機ELビエラ」

シリーズ最小・42V型サイズ パナソニック「4K有機ELビエラ」

  • 2022.9.4
  • 2178 views
最小サイズが加わり、さらに選択の幅が広がった「4K有機ELビエラ」

パナソニックは、4K有機ELテレビ「TH-42LZ1000」を2022年9月9日に発売する。「4K有機ELビエラ」シリーズ最小だという42V型のサイズに、同シリーズの自発光ディスプレイの高画質技術を詰め込み、高い密度感で4K/HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)の高画質映像を楽しめる。

新GUI「ゲームコントロールボード」

独自の有機ELパネル制御技術により、締まりのある黒、色鮮やかで高コントラストな映像を実現。AI(人工知能)技術を採用し、様々なコンテンツに対して映像のシーンや室内の明るさ、照明の色に応じて画質の自動調整を行う「オートAI画質」を実装する。

HDR規格は「HDR10」「HLG」「HDR10+」「Dolby Vision(ドルビービジョン)」の4方式に準拠。加えて「HDR10+」と「Dolby Vision」の画質を最大限に引き出す新技術「HDR10+ ADAPTIVE」、「Dolby Vision IQ」にも対応し、画質を自動で最適化する。

音響面では、高さ方向の音表現も可能にする立体音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」に対応し、内蔵スピーカーだけで手軽に立体音響を楽しめる。

最新のゲーム機にも採用されるHDMI 2.1規格の4K/120p入力に対応し、新GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェイス)「ゲームコントロールボード」でゲームを快適にプレイできる。

「Netflix(ネットフリックス)」や「Amazon Prime Video」、「YouTube(ユーチューブ)」などの各種ネット動画配信サービスを視聴できる。別売の外付けハードディスクを接続すれば、新4K衛星放送の2番組同時録画が可能になる。

地震に強く倒れにくい、吸着機能付きの「転倒防止スタンド」を装備する。

価格はオープン。

元記事で読む
の記事をもっとみる