1. トップ
  2. グルメ
  3. 匠紀の国屋で、ひさびさのあわ大福@東大和

匠紀の国屋で、ひさびさのあわ大福@東大和

  • 2022.8.27
  • 5003 views

月2・3回は利用していた「紀の国屋」が急に閉鎖されて、なんだか、喪失感一杯の毎日でした。 「匠紀の国屋」として3店舗がオープン。

確か地図ではこの辺だわと思って探していました。 「すみません、紀の国屋ができたと聞いたのですが」と 50代くらいの女性に声かけてみました。

「そうなのよ、大好きだったのに、急になくなって。」 「あそこのお店ですよ」

即教えてくれました。

出典:リビング多摩Web

「あわ大福あります」と、わざわざ書かれています。

出典:リビング多摩Web

この時は、四国のお菓子もまとめて販売されていました。

黒を基調にした、シックな内装。 懐かしい、相国最中・おこじゅなどが並びます。 小庵は、まだ??

あわ大福は、どこの和菓子屋さんでも売っているものではないです。 どっしりとした、少し黄色い粟の色に染まった餅の部分は 噛めば噛むほど甘みが増してきます。 あんこも大好きな粒あん。

出典:リビング多摩Web

2個入りのあわ大福がアウトレット品になっていましたので それにしました。(360円)

孫たちには、カップゼリーを(216円)

出典:リビング多摩Web

あわ大福の焼き印って 鳴門の渦潮って聞いたことがあるのですが。 阿波の国は,粟の生産が多く 阿波と言えば、阿波踊りと鳴門海峡。

2か月ぶりに食べたあわ大福に、ほっこり。

国分寺駅前にも、オープンしているのがわかりました。

匠紀の国屋 東大和店 東大和市向原3-2-13 042-569-8129 9:30~17:30 月曜休み

元記事で読む
の記事をもっとみる