1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 古風な「レトロネーム」が今年も人気!上半期人気の名前ランキング<女の子よみ>

古風な「レトロネーム」が今年も人気!上半期人気の名前ランキング<女の子よみ>

  • 2022.8.17
  • 12053 views

2022年上半期に誕生した赤ちゃんの名前を大調査! 今回は、女の子の名前で特に人気だったよみランキングTOP15をご紹介します。

1位 えま

2022年上半期生まれの女の子で最も多かった名前のよみは、「えま」でした! 昨年のよみランキングでも1位に輝いている、今大人気のトレンドネームで、「咲茉」という名前で多く名づけられています。

「えま」という響きは、外国でも「Emma」としてよく名づけられる人気の名前でう。将来ワールドワイドに活躍してほしいと願って、この名前をつけるパパ・ママも多いようです。

2位 みお

「みお」が2位にランクイン。2021年のよみランキングでは2位、2020年は7位と、近年人気が高まっているよみです。「美桜」「澪」といった漢字で名づけられており、「桜」という漢字を用いることから特に春生まれの女の子に多く名づけられます。

マ行で始まる名前は、やさしくあたたかみのある印象に。癒し系の女の子をイメージさせます。有名人では、女優の今田美桜さんが同じよみで活躍されています。

2位 めい

同率で2位にランクインしたのは、「めい」。2021年のよみランキングでは5位ですが、5月の月間ランキングでは毎年1位となっています。「芽依」「芽生」といった漢字が人気です。

「みお」と同様、マ行で始まるためやさしくやわらかい印象です。また、「めい」という響きが呼びやすく、親しみやすさを感じさせます。スタジオジブリのアニメ『となりのトトロ』のメイちゃんをイメージするかたも多いのではないでしょうか。有名人では、女優の永野芽郁さんが同じよみで活躍されています。

4位 こはる

4位に入ったのは「こはる」。2021年のよみランキングでは9位、2020年では12位と、少しずつ人気を高めている注目の名前です。「心春」「心陽」といった漢字が特に人気です。

「こ」を最初に付けることで、どこか古風ながらも新鮮な印象の名前に。「はる」という響きは「春」を連想させるため、毎年春生まれの女の子に人気のよみです。有名人では、ダンサーの菅原小春さんなどが同じよみで活躍されています。

5位 ゆい

5位にランクインしたのは、「ゆい」でした。2021年のよみランキングでは4位にランクインしています。「結衣」という名前が特に人気のようです。

ヤ行で始まる名前は、優雅で気品ある印象に。「ゆい」という響きが、可愛らしく親しみやすい印象も与えます。有名人では、女優の新垣結衣さんなどが同じよみで活躍されています。

6位 さな

6位にランクインしたのは、「さな」。2021年のよみランキングでは12位にランクインしています。「紗奈」「紗菜」といった漢字が人気です。

爽やかで上品な印象を与える「サ」という音に、明るくあたたかみのある「ナ」という音を組み合わせることで、魅力的な女の子をイメージさせます。有名人では、韓国のアイドルグループTWICEのサナさんが同じよみで活躍されています。

7位 つむぎ

「つむぎ」が、2022年上半期のよみ7位にランクイン。2021年のよみランキングでは3位、2020年では5位と、近年大人気のよみです。「紬」という漢字で名づけられることが多く、2021年の名前ランキング1位にも輝いています。

「紬」は、高級な絹織物のこと。どこか古風で、日本的な美しさを感じさせる名前です。

8位 いちか

8位にランクインしたのは「いちか」。2021年のよみランキングでは8位に入っています。「一華」「一花」といった名前が人気です。

「いち」という始まりを感じさせる響きに、賢くスタイリッシュな印象になる「か」を止め字として組み合わせ、華やかで優美な印象のよみに。

9位 あおい

「あおい」が9位にランクインしました。2021年のよみランキングでは6位に入っており、「葵」という漢字が特に人気です。また、上半期男の子のよみランキングでも12位にランクインしています。

「あおい」というよみはすべてア行の音を連ねることで、開放的で大らかな印象に。呼びやすく親しみやすい印象も与えます。

9位 りお

同率で9位にランクインしたのは、「りお」というよみ。2021年のよみランキングでは11位にランクインしており、「莉緒」「莉央」といった名前が人気です。

ラ行の音はみずみずしい印象を与え、美しい女の子のイメージにぴったり。有名人では、女優の内田理央さんなどが同じよみで活躍されています。

11位 りん

「りん」が11位にランクイン。2021年のよみランキングで17位に入っており、「凛」「凜」といった漢字が用いられています。

「りん」という響きが可愛らしく、親しみやすさを感じさせる一方、「凛・凜」という漢字は凛々しく引き締まった様子、力強い様子を表します。そのため、自立したかっこいい女性もイメージさせます。

12位 さくら

12位にランクインしたのは「さくら」。2021年のよみランキングでは20位ですが、毎年春に人気が高くなるよみです。「咲良」「さくら」という名前が特に人気です。

「さくら」は「桜」を連想させ、美しく可憐な印象に。春に桜の木の下に人々が集うことから、「人気者になるように」「友人に恵まれるように」といった願いも込められているようです。同名の有名人では、韓国アイドルグループ・LE SSERAFIM(ル・セラフィム)の宮脇咲良さんが活躍されています。

13位 ひまり

13位にランクインしたのは「ひまり」という名前。2021年のよみランキングでは14位。「陽葵」という名前で多く名づけられています。

「ひまり」という響きが、丸くやわらかい印象です。「ひまわり」や「ひだまり」を連想することもでき、明るさやあたたかさを感じます。

14位 ひなた

14位にランクインしたのは「ひなた」。2021年のよみランキングでは23位にランクインしており、「ひなた」とひらがなでの名づけが人気です。男の子の上半期よみランキングでも6位にランクインしています。

日の当たる場所、明るい場所を示す「日向」を連想させ、穏やかであたたかい印象に。春生まれの男女に人気のよみです。

15位 ゆあ

2022年上半期のよみランキング15位に入ったのは、「ゆあ」でした。2021年のよみランキングでは18位にランクインしており、「結愛」という名前が特に人気のようです。

やさしく上品な印象の「ゆ」という音に、大らかであたたかみのある「あ」という音を組み合わせ、キュートでのびやかな印象の名前になっています。同名では、女優の新川優愛さんが活躍されています。

このほか、16位から30位までの【上半期名前ランキング】の結果は、以下の通りです。

2022年上半期に誕生した女の子の名前のよみには、「春」や「花」を連想させるよみが多くランクインしていました。「えま」「みお」「めい」といったイマドキな二音ネームが人気上位を占める一方、「こはる」「つむぎ」といった古風で日本的な「レトロネーム」も人気の模様。これからの名づけの参考にしてみてくださいね!


<調査概要>
調査対象:株式会社ベビーカレンダーが企画・運営している「ファーストプレゼント」「おぎゃー写真館」「ベビーカレンダー全員プレゼント」のサービスを利用された方
調査期間:2022年5月1日(日)~5月25日(水)
調査件数:件(男の子:件/女の子:件)

ベビーカレンダー編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる