1. トップ
  2. ファッション
  3. 「実はこれ、8年前のコーデです」巨匠スタイリストさんに聞いた、トレンドに左右されない服とは…

「実はこれ、8年前のコーデです」巨匠スタイリストさんに聞いた、トレンドに左右されない服とは…

  • 2022.8.16
  • 27522 views

ジュエリーやバッグに比べてローテーションが早い服たち。今買って5年先まで着られるとしたら、それは間違いなく名品。断捨離する時も絶対残って、トレンドに左右されず、変わらず着たいと思うものって?その答えをCLASSY.のファッションを支える、辛口派と甘口派のスタイリスト二大巨匠に聞いてみました!

【対談】辛口スタイリスト荒木さん×甘口スタイリスト乾さん

ずっと変わらず自分が好きなアイテムこそベーシック服。着こなしで今っぽさは足せる!

荒木:5年以上着てる服、私は結構あるよ。気分もあるから毎年着てないものもあるけど、5年クローゼットにあるってことは自分の好きなものに間違いないから。
乾:さっちゃん(※荒木さん)、体型の変化とかもあると思うけど5年大丈夫?(笑)
荒木:ははは!(爆笑)うるさいな〜!でも5年って大人なら体型の変化は少なからずあるよ。それも考慮して選んでおくのも、5年着られるポイントの一つかも?
乾:私はかなり断捨離するけど、さっちゃんと同じように結局残るものって自分が好きなものだと思う。好きなものは限られているから、それこそアイテムでいうと5つくらい?私ならツイードジャケットだったり甘ブラウスで、そのアイテムのバリエーションがクローゼットにたくさんあるイメージ。

荒木:しばらくツイードは寝かせてたけど、最近また戻ってきたから着ようって感じだよね。
乾:そうそう。はるか昔のツイードも好きだから取ってあって、今年着ようと思ってる!自分的に大好きなアイテムがトレンドとして戻ってきたら「しめしめ♡」と思って引っ張り出す。だからまずは自分の好きなアイテム=ベーシック服を見極める必要があるのかな。
荒木:自分の中のベーシック、まさにそれがポイントな気がする。過去のCLASSY.の自分のスタイリングを見てびっくりしたんだけど、スカート丈は違えど2014年からダンガリーシャツとフレアスカートの組合せをすでにしてたから。8年前なのに、今と全然変わってないの!(笑)だから大人になると特に好きなものってずっと変わらないんだって、再確認したところ。
乾:超いい意味で更新してないってことね(笑)。でもそれが自分らしいベーシックの正解なのかも!

\荒木さん推しベーシックアイテム/
ダンガリーシャツ

一枚でも、軽めの羽織りとしても。ボトムスにボリュームがあるものが多いので、INして着る場合はジャストサイズが正解。合わせやアクセを変えることでずっと使えるアイテム。小粋なヴィンテージのエッセンスを加えてくれるダンガリー。ジャストサイズで品よく。シャツ¥29,700(THIRD MAGAZINE)

\荒木さんコーデ/
定番モノトーンのワンツーコーデはハリのある素材で強さと自分らしさを

スカート¥107,800(マディソンブルー)ニット¥25,300(ロンハーマン)バッグ¥128,700(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)ブーツ¥141,900(ジェイエムウエストン/ジェイエムウエストン 青山店)ハット¥19,250(CA4LA/CA4LA プレスルーム)ハットに巻いたスカーフ¥14,300(マニプリ)ブレスレット¥13,200バングル¥28,600(ともにワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

荒木:あとはスタイリング次第だよね。そのアイテムが5年前に買った当時のままに見えるのか、最近買ったように見えるのかは、小物とか〝合わせ〟で解決できる。それこそコアラ(※乾さん)と私って甘口と辛口でテイストは違うけど、実はお揃いのアイテムを持ってたりするもんね。着方や合わせ方が違うだけで。
乾:たしかに!最近色違いで買ったキャミワンピも、さっちゃんはシンプルなノースリ合わせで着ていたけど、私は中にフリルブラウスを重ねて盛りたくなるもん。
荒木:アイテムは同じであっても、着こなしで自分らしさやパーソナリティは出せるよね。
乾:あとさっちゃんのスタイリングは、色や素材選びに強さと勢いがある!
荒木:そうだね。ハリのある素材とか、パキッと色のコントラストがあって、シンプルなワンツーコーデで決まる着こなしが好きだから。
乾:私はディテールの凝ったものや要素が多いものに惹かれるから、色や素材に関しては柔らかくて主張が控えめなものが多いの。
荒木:逆に〝重ねる〟〝盛る〟スタイリングを学びたいよ。コアラのモードっぽい甘さやクチュール感のある着こなし、大好きだから。
乾:ありがとう!私は洋服もアクセもちょこちょこ重ねちゃうから、さっちゃんみたいに潔くTシャツにデニムとかやりたいよ(笑)。
荒木:今までの話をまとめると、5年着られるかはそのアイテムが自分の好きなベーシックであるかどうかってことだね。流行りはあれど、私たちが昔から変わらず着てるものってそういう服。
乾:好きなものが人それぞれあるように、自分と人のベーシックアイテムは違うというのが基本の考え方。

辛口派スタイリスト・荒木さんコーデを過去の号からプレイバック!

5年前のままか、最近買ったように見えるかは“合わせ”でも解決できる

ダンガリーシャツとスカートの組み合わせが好きで、2014年からしていたそう。

大人カッコいいパンツスタイルは、荒木さんのコーデに欠かせません。

Tシャツデニムのコーデは、表紙でも使われていたほど数多く登場。

辛口なジャケットコーデも、ずっと変わらない好きなスタイルの一つ。

スタイリスト・荒木里実さん
カッコよさを引き出す辛口アイテムを軸に、女らしさを加えたスタイリングが人気。カバーも長年担当し、スタッフから「師匠」と尊敬されている。

撮影/須藤敬一〈人物〉、魚地武大(TENT)〈静物〉 モデル/愛甲千笑美、山崎紘菜 ヘアメーク/シバタロウ(P-cott) スタイリング/乾 千恵 取材/広田香奈 撮影協力/THE_B 再構成/Bravoworks.Inc

元記事で読む
の記事をもっとみる