1. トップ
  2. おでかけ
  3. 今年の夏はここで暑さを凌ごう!東海地方のオススメ避暑地11選

今年の夏はここで暑さを凌ごう!東海地方のオススメ避暑地11選

  • 2022.8.14
  • 953 views

そろそろ梅雨も明ける頃。厳しい暑さが今年もやってきそうですね。そんな夏に、暑さを凌ぐことができる避暑地に訪れてみてはいかがですか?避暑地は涼しさだけでなく、絶景も楽しむことができるスポットでもあります。今回は東海地方のオススメ避暑地をご紹介させていただきます。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

1. 河津七滝 / 静岡

まずご紹介するのは、「河津七滝(かわづ ななだる)」。こちらのスポットは、温泉の他、川端康成著の名作『伊豆の踊り子』の舞台としても有名で、毎年多くの観光客が訪れます。7つの滝には、それぞれ遊歩道が整備されているので、目の前で流れる滝を見ることができます。

大自然の中にあるので、春は桜、秋は紅葉と四季折々の楽しみ方があります。コバルトブルーに輝く水面はまさに絶景。マイナスイオンで涼しさも感じることができるので、避暑スポットとしてピッタリですね!(※滝沫で遊歩道や階段が濡れているので、滑りにくい靴で訪れることをオススメします。)

詳細情報

河津七滝

2. 寸又峡 / 静岡

続いてご紹介するのは、静岡にある秘境として有名な「寸又峡(すまたきょう)」。川沿い約20kmにも渡り崖が続いており、その間にはエメラルドグリーンに輝いた川が流れています。標高が高いので、夏でも涼しく、散策するには最適なスポットです。

オススメは大間ダムにかけられた「夢の吊り橋」。人気の絶景スポットですが、下が透けていてスリルがあるので、高所恐怖症の方には少し厳しいかもしれませんね。また、こちらは、絶景だけでなく縁結びのパワースポットとしても有名だそうです!

詳細情報

夢の吊り橋

3. 龍宮窟 / 静岡

続いてご紹介するのは、静岡県にある「龍宮窟(りゅうぐうくつ)」です。こちらは、2つの大きな天窓が開いている洞窟です。洞窟の上には遊歩道があり、そこから天窓を見下ろすとハート型に見えることでも話題となっているスポットです。

天窓から光が差し込んで、下田の青い海を反射してキラキラと輝く光景は、まさに神秘的!龍宮窟のすぐ近くに「田牛海水浴場」があるので夏にとってもおすすめです。洞窟内では岩の上を歩くことがあるので、歩きやすい靴で訪れることをおすすめします。

詳細情報

龍宮窟

4. 青山高原 / 三重

続いてご紹介するのは、三重県伊賀市にある「青山高原」。道路沿いにたくさんの風車があるユニークな景色を楽しむことができます。約10kmのドライブコースが整備されており、見晴らしのいいこちらの高原で、ドライブを楽しむことができるんですよ。

山頂にある展望台からは、壮大な伊勢湾を眺めることができます。また、歩道も整備されているので、ハイキングを楽しみにいらっしゃる方もいるんだとか。周りの風景が見渡せるお昼の時間帯もいいですが、オススメは夕方の時間帯。夕日と風車、そして周囲の自然が織りなす景色はまさに絶景!

詳細情報

青山高原

5. 白藤滝 / 三重

続いてご紹介するのは、同じく三重県伊賀市にある「白藤滝(しらふじたき)」。白藤が咲くように流れる水流から名付けられたこちらのスポット。秋は紅葉を、夏は涼を求めに多くの人が訪れます。滝壺の側まで寄ることができるので、迫力ある写真を撮ることができますよ。

滝壺への道である朱塗りの橋も写真スポットとして人気です。滝のあるエリアの入口には、東屋やトイレ、駐車場が整備されているので、気軽に訪れることができます。下り道は滑りやすいので、滑りにくい靴を持参することをオススメします。

詳細情報

白藤滝

6. 富士見台高原 / 岐阜

続いてご紹介するのは、岐阜県と長野県の県境にある「富士見台高原」。車やロープウェイなどで、山頂に向かうことができます。標高が最大1700mほどもあるので、夏でも大変涼しいです。日本百名山の二十三座を一望することができます。

こちらで多くの人が楽しむのはトレッキング。雨の日でも神秘的な絶景を楽しむことができます。また、大自然の中に調和するように作られた「キッズワールド」というものがあり、ログハウスやログスライダーというものがあり、子供達が思う存分体を動かすことができます。

詳細情報

富士見台高原

7. 付知峡 / 岐阜

続いてご紹介するのは、岐阜県中津川市にある「付知峡(つけちきょう)」。こちらのスポットは、標高が高く、また森の中にあるため夏でも涼しい場所となっています。その森の中を流れるのは、エメラルドグリーンに輝く付知川。とても綺麗ですね。

付知川の中流域では、キャンプ場や水遊びができる場所があるので、家族や友人で楽しいひと時を過ごすことができます。イワナなどの川魚を釣ることもでき、観光客の中には、イワナを釣りをした後にそのまま塩焼きにする方もいるんだとか。

詳細情報

付知峡

8. ひるがの高原 / 岐阜

続いてご紹介するのは、岐阜県郡上市にある「ひるがの高原」。標高約900mの地点にあるこちらのスポットは、大自然だけでなく様々なアクティビティが体験できるテーマパークとなっています。夏でも30度を超えることが少ないらしく、とても過ごしやすい場所です!

夏の時期には、ラフティングやシャワークライミングなどのアクティビティを体験することができます。運がよければ夜にはホタルを見ることができるんだとか。高原一面に広がるお花畑も欠かせません!周辺には宿泊施設や温泉もあるので、疲れを癒したい方にオススメのスポットです。

詳細情報

ひるがの高原

9. 茶臼山高原 / 愛知

続いてご紹介するのは、愛知県北設楽郡豊根村にある「茶臼山高原(ちゃうすやまこうげん)」。冬はスキー、夏はキャンプ地として人気のスポットです。夏休みの期間には、「魚つかみ」や「カヌー体験」といったアクティビティを体験することができます。

茶臼山高原は、満点の星空を観測できるスポットとしても人気。高原にあるリゾート「休暇村」は、愛知県で一番星空に近いホテルとして有名で、満点の星空の下の宿泊体験を楽しむことができます。こちらでは、「ディアーナイトウォッチング」というものがあり、夜の野生動物を観察できる、他では体験ができないようなアクティビティもあります。

詳細情報

茶臼山高原

休暇村茶臼山高原

10. 蔦の渕 / 愛知

続いてご紹介するのは、同じく愛知県北設楽郡東栄町にある「蔦の渕(つたのふち)」。幅が70mもあるので、「奥三河のナイアガラ」とも呼ばれるこちらのスポット。高速を使用すれば名古屋から日帰りで訪れることができる避暑地です。

こちらのスポットの近くには「とうえい温泉 花まつりの湯」があります。こちらから蔦の湯の展望台まで遊歩道が整備されているので、こちらの温泉で入浴をするのもオススメです。蔦の湯で涼んでから、温泉でリフレッシュをする、またその逆も可能ですね!

詳細情報

蔦の渕展望台

とうえい温泉

11. くらがり渓谷 / 愛知

続いてご紹介するのは、愛知県岡崎市にある「くらがり渓谷」。こちらのスポットは、本宮山県立自然公園の南西部にある景勝地です。夏でも冷たくひんやりした水が流れ、川遊びや、マス釣り、マス掴みを楽しむ方が多くいらっしゃいます。

周辺にはデイキャンプ場があるので、マス釣りで得たマスをその場で焼いて、いただくことができます。またキャンプ場以外にも、部屋から景色を楽しむことができる食事処があり、大自然に囲まれた中で優雅なひと時を過ごすことができます。

詳細情報

くらがり渓谷

避暑地で、ひんやりとした夏を過ごしてみてはいかが?

いかがでしたでしょうか。今回は、東海地方にある11選の避暑地をご紹介させていただきました。どこも涼しい場所ばかりで、暑さを凌ぐにはピッタリです。皆さんも、今年の夏は避暑地でひんやりとした時間を過ごしてみてはいかがですか?

元記事で読む
の記事をもっとみる