1. トップ
  2. 恋愛
  3. “お父さんとはもう会いたくない”…不倫夫が猛省した「サレ妻の怒りの制裁」3選

“お父さんとはもう会いたくない”…不倫夫が猛省した「サレ妻の怒りの制裁」3選

  • 2022.8.13
  • 42062 views

不倫をしている夫のほとんどが、妻にバレることを何よりも恐れています。実際にバレてしまった場合、その代償はどれほどのものなのでしょうか。今回は経験者の男性に話を聞いてきました。彼らが、不倫した過去を悔やんでも悔やみきれない理由とは…?

母親に浮気を告げ口された

「妻にスマホを見られ、会社の部下との不倫がバレてしまいました。平謝りして許してもらえたと思ったのも束の間、その週末、僕の母親がものすごい形相でいきなり家に押しかけてきて…。

どうやら妻が僕の実家に連絡して、浮気の件を母親に告げ口したようです。女性関係のトラブルが母親にバレるほど気まずいことはなく、非常に肩身の狭い思いをしました…」(30歳/会社員)

いくつになっても母親には頭が上がらない! という男性は多いです。不倫が母親にバレてお説教をされたことによって、キツいお灸をすえられたのではないでしょうか。そもそも親に顔向けできないような恥ずかしい行動なのであれば、最初から不倫をするべきではありません。

クレジットカードの明細を見て唖然…!

「行きつけのお店で働いている女性と、勢いで深い仲になったのが妻にバレてしまいました。『もう二度としない』と伝えて謝り、その後は妻も何事もなかったかのように振る舞ってくれたので、一件落着したと思い込んでいたんです。

ところが翌月のクレジットカードの請求書を見て、唖然としました。妻が家族カードを使って、高級バッグを勝手に買っていたんです。慌てて妻を問い詰めたら、『慰謝料を請求されることを思えば、このくらい安いでしょ』と平然と言われました…。その後も、また何か高いものを買われるのではないかと常にビクビクしています」(33歳/金融)

謝って許してもらえたから一件落着、と思ったら大間違いです。不倫をされた側の心の傷は相当深く、すぐに忘れられるような出来事ではありません。最悪の場合、離婚をされてしまうことを思えば、カバンの請求くらいで済んでまだマシだった…と言えるのではないでしょうか。

子どもに知られて軽蔑された

「不倫がキッカケで、妻と別居することになりました。それでも娘にはちょくちょく会いに行っていたんです。

しかし12歳の娘が、僕の浮気が原因で夫婦仲が悪くなったことに勘付いていたようで…。『お父さん、気持ち悪いからもう会いたくない』と言われ、本当に傷つきました。軽い気持ちで浮気してしまったことを本気で後悔しています」(35歳/経営者)

不倫によって失うのは、妻の信頼だけとは限りません。子どもとの絆にもヒビが入り、後悔している男性もいるようです。

妻や子どもが負った心の傷は、その後もずっと続くでしょう。本当に大切な存在を失いたくないのであれば、軽率な行動は慎むべきです。

以上、不倫がバレてしまった男性が後悔している理由を紹介しました。

因果応報とも言えるのかもしれませんが、不倫の代償はやはり大きいようです。取り返しのつかない事態になって後悔することのないよう、やはり家庭を大切にすべきだと改めて考えさせられました。

©Luana Ciavattella / EyeEm/Gettyimages
©MojanB/Gettyimages
©Aleli Dezmen/Gettyimages

文・小泉 幸

元記事で読む
の記事をもっとみる