1. トップ
  2. メイク
  3. 使わなくなった化粧品をクレヨンにアップサイクル!化粧品回収サービスが西武渋谷店で開始

使わなくなった化粧品をクレヨンにアップサイクル!化粧品回収サービスが西武渋谷店で開始

  • 2022.8.13
  • 544 views

西武渋谷店で、使わなくなった化粧品を回収してクレヨンにアップサイクルする取り組み「SHIBUSEI Choose the Future COSME no IPPO」が開催。8月23日(火)~9月5日(月)の期間中、化粧品フロアをはじめとした店内の複数箇所に専用の回収ボックスが設置される。(フロントロウ編集部)

西武渋谷店が使わなくなった化粧品の回収を実施

化粧品の空き容器の回収を行なう企業が増えている近年、化粧品の中身も使い切れないまま廃棄されることが増えている。そんななか西武渋谷店では、使わなくなった化粧品を回収してクレヨンにアップサイクルする取り組みがスタートする。

画像1: 西武渋谷店が使わなくなった化粧品の回収を実施

今回西武渋谷店で実施されるのは、「SHIBUSEI Choose the Future COSME no IPPO」という取り組みで、役目を終えたカラーコスメを回収して、クレヨンにアップサイクルするというもの。

この取り組みは、「COSME no IPPO (コスメノイッポ)」のディレクター大澤美保氏が、美容業界のゴミゼロを目指す活動として2021年秋にスタート。カラーコスメをアップサイクルしてつくられるクレヨン「ハロヨン」は、収集したカラーコスメが原材料であるため、ラメが入っているなど、既存のクレヨンにはない色を楽しめること、箱ごとに異なる色が入っていることが魅力。

画像: アップサイクルクレヨン「ハロヨン」 1,980円(税込)
アップサイクルクレヨン「ハロヨン」 1,980円(税込)

西武渋谷店では、化粧品フロアをはじめとした店内の複数箇所に専用の回収ボックスを設置。また、この取り組みに賛同する化粧品約20ブランドでも回収を行なうほか、従業員用施設にも回収ボックスを設置する。

回収した化粧品(カラーコスメ)は、画材になる素材を選定した後、クレヨンに加工。アップサイクルされたクレヨン「ハロヨン」は通常「COSME no IPPO」のECサイトのみの販売であるものの、今回はA館2階及びA館5階の店頭でも販売。実際にユーザーがアップサイクルの取り組みを体感できる機会をつくる。

また西武渋谷店のコンセプトである「Art meets Life」にあわせて、油絵画家の長島伊織氏がアップサイクルクレヨン「ハロヨン」で描いたアートも展示。8月23日から9月5日の期間中、A館1階のプロモーションスペースにて展示が行なわれる。

画像2: 西武渋谷店が使わなくなった化粧品の回収を実施

【「SHIBUSEI Choose the Future COSME no IPPO」展開概要】
■会期:8月23日(火)~9月5日(月)
■場所:西武渋谷店A館1階=プロモーションスペース、化粧品約20ブランド
化粧品回収サービス概要
■回収場所
A館1階=プロモーションスペース、化粧品約20ブランド
A館2階=婦人洋品小物
A館5階=モードプラス
A・B館3階=連絡通路
従業員用施設(社員食堂、従業員出入口)
■対象品
アイシャドウ(リキッドタイプ不可)、チーク、ハイライト、リップ(リップグロス、リップクリーム不可)、パウダータイプアイブロウ、粉白粉、フェイスカラー
※パウダーのみではなく、練タイプやペンシルタイプも可能。
※詳細は西武渋谷店のホームページをご覧ください。

(フロントロウ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる