1. トップ
  2. レシピ
  3. 【作り置きできる】 簡単な「バジルソース」の作り方&激旨レシピ15選

【作り置きできる】 簡単な「バジルソース」の作り方&激旨レシピ15選

  • 2022.8.12
  • 719 views

バジルソース(ペースト)は、パスタやピザ、肉・魚料理など幅広く使える万能調味料です。そんなバジルソースは自宅で作って、冷蔵保存が可能。今回は、簡単なバジルソースの作り方と保存方法・期間、バジルソースを使った激旨レシピを20選ご紹介します。

自家製バジルソースを活用して、料理のレパートリーを広げましょう。

■簡単にできる! 自家製バジルソース(ペースト)の作り方

【材料】(200mlの瓶1個分)

バジル(生) 30枚

ニンニク 1片

松の実 大さじ3

粉チーズ 大さじ3

塩 小さじ1/2

EVオリーブ油 大さじ4

【下準備】

・鍋に瓶と蓋、瓶を覆う量の水を入れ、強火で加熱する。5分以上沸騰させ、煮沸消毒する。熱いうちにトングなどで取り出し、瓶と蓋を逆さまにして清潔な布巾の上においてしっかりと乾かす。

保存する容器は煮沸消毒をしましょう。取り出す時はやけどしないよう気を付けましょう。

・バジルの葉と茎を分け、葉を水で洗う。キッチンペーパーで水分を丁寧に拭き取る。

・ニンニクは皮をむき、薄くスライスする。

【作り方】

1、フードプロセッサーに、バジルの葉、ニンニク、松の実、粉チーズ、塩を入れ、ペースト状になるまでかくはんする。

2、(1)にEVオリーブ油を加え、均一に混ざるよう、さらにかくはんする。

フードプロセッサーの回りに材料が付くので、ヘラなどで中央に落とし、刃の当たるところに材料を持っていくようにする。ペースト状になるまで、何度か繰り返す。

3、煮沸した瓶に(2)を入れ、表面を覆うように分量外のEVオリーブ油を5mm程度注ぐ。

バジルペーストは酸化すると変色するので、表面をEVオリーブ油で覆い、変色を防ぎます。使ったら、EVオリーブ油を追加すると長持ちします。

自宅にフードプロセッサーがない場合は、すり鉢で丁寧にすり潰して作ることもできます。松の実は、クルミやアーモンドで代用可能です。

■バジルソースの保存方法・保存期間は?

瓶の蓋をしっかりしめて、冷蔵保存しましょう。冷蔵の場合は、1週間程度で使い切ってください。すぐに使わない場合は、保存袋に入れて冷凍保存を。冷凍なら1ヶ月程度保存できます。

また、冷蔵庫・冷凍庫に入れるとオリーブ油が固まりますが、常温に戻したり、加熱すると液体に戻ります。

■バジルソースを活用した人気レシピ5つ

バジルソースを上手に活用した人気のレシピをピックアップしました。いずれのレシピも一度味わうと忘れられない美味しさです。

・トマトのカプレーゼ

アンティパストの定番、トマトのカプレーゼです。トマトは焼くことで、甘いフルーツトマトのような味わいに。トマトの余熱でモッツァレラチーズが少し溶けたタイミングが一番美味です。

・魚のムニエル

バジルソースは魚のムニエルの旨味を引き立てます。器にバジルソースを敷き、タラのムニエルを盛ってトマトを添えれば完成です。魚は、鮭・カレイ・舌平目などを使っても◎。

・バジルチーズ和え

ジャガイモの大量消費にも役立つこちらのレシピ。ジャガイモとプチトマトを相性の良いバジルソースで和えます。ワインのおつまみにもピッタリなほか、肉料理に添えても良さそうです。

・バジル風味のアボカドサーモンのカナッペ

人気のアボカドとサーモンを組み合わせたディップは、カナッペと相性抜群! いくらでも食べられそうな美味しさです。おもてなしレシピとしても喜ばれる可能性大。

・鶏肉のバジルチャーハン

バジルペーストと生のバジルを贅沢に使った香り高い鶏肉のチャーハンです。ご飯がパラパラに仕上がり、食べやすいのがポイント。この一品とサラダorスープで立派な一食になりそうですね。

■何度食べても美味しい、バジルソースのパスタ・ピザ5つ

本場イタリアを代表する料理、パスタ、ニョッキ、ピザは、言わずもがなバジルソースとの相性がピカイチです。数ある中でも、プロが伝授したメニューなど、たまらない味わいのレシピをご紹介します。

・ジェノベーゼの冷製パスタ

プロが伝授するジェノベーゼの冷製パスタがこちら! バジルの風味を生かした本格的な一皿です。仕上げに、飾り用のバジルを添えてから召し上がりください。絶品で何度も作りたくなりますよ。

・エビのバジルクリームパスタ

グリーンにエビの鮮やかなレッドが映える一品です。バジルソースの味に合わせて、塩加減を調整してくださいね。市販のバジルソースを使っても、十分に美味しく仕上がります。

・トマトとツナの冷製バジルパスタ

トマトとツナ、バジルペーストの競演を楽しめるパスタです。パスタは細めのカペリーニを使用することで、具やソースとよくからみます。散らしたオリーブがアクセントに。

・カボチャのニョッキ

ニョッキ好きなら、ぜひ試したいのがこちらのレシピ。カボチャの優しい甘みと粉チーズの塩気、バジルペーストの良い香りが混ざり合った、やみつきニョッキです。仕上げにお好みで、粗びき黒コショウを振ってくださいね。

・シーフードとバジルのピザ

バジルペーストはピザでも大活躍! ふっくらと焼き上げたピザの生地の表面に、ハケでオリーブ油をぬり、バジルペースト、プチトマト、シーフードミックス、モッツァレラチーズをちぎってからのせます。いつもと一味違うピザを堪能できますよ。

■バジルソースを使ったアレンジレシピ5つ

バジルソースは、洋風だけでなく和風にも使えて便利です。そこでサイドメニューとしても活躍してくれる、アレンジレシピをご紹介します。

・揚げカボチャの生ハム巻き

揚げたカボチャを生ハムで巻き、器に盛ってからバジルソースをかけたユニークな料理です。前菜としてはもちろん、ワインとのペアリングもオススメ。ハンバーグなどのサイドディッシュにもぜひ!

・焼きナスのバジル和え

バジルソースは茹で野菜とも好相性です。こちらのレシピは、ひと口大に切ったナスをバジルソースと和えるだけ! ナスは皮が真っ黒に焦げるまで焼き、冷やす手間がかかりますが、そのぶん香ばしさと旨味がアップします。

・冷しゃぶバジルソース

冷しゃぶをバジルソースで食べるのも乙なものです。生野菜もいっぱい盛りつけて、一緒にいただきましょう。お肉と野菜をペロリと味わえて、美味しくお腹を満たすことができますよ。

・タケノコのカルパッチョ

水煮タケノコにバジルソースをかけたカルパッチョです。前日に、スープに浸けた水煮タケノコを冷蔵庫に1晩置き、マリネにします。タケノコのシャキシャキ食感とバジルの良い香りのコラボがくせになりそうです。

・キャロットパスタ

ちょっと気になるパスタのカロリーも、キャロットパスタなら心配無用です。仕上げにお好みで、粉チーズを振ってからいただきましょう。ニンジンとそら豆、バジルソースの美味しいハーモニーを楽しめますよ。

昨今は、家庭菜園でバジルを育てる人も増えています。自宅で収穫したバジルを使って、バジルソースを作ってみるのもいいかもしれませんね。

(木下あやみ)

元記事で読む
の記事をもっとみる