1. トップ
  2. 恋愛
  3. 脈アリ確定!男性が《本命女性》にしか言わない言葉

脈アリ確定!男性が《本命女性》にしか言わない言葉

  • 2022.8.10
  • 9273 views

男性は、本命女性にしか言わない言葉をいくつか持っています。わかりやすく愛情を示す言葉もありますが、中には「それだったの!?」と意外に思うほど、日常に紛れている言葉もあります。男性からの脈アリのサインを見逃さないためにも、チェックしてみてください。

1. 「〇日は空いてる?」「近いうちに会える?」

男性は、本命女性を誘うときと女友達を誘うときとでは言葉に違いがあります。男性が女友達を誘うときは、「遊べたら楽しいなぁ」という感覚のため、その場の思いつきで誘ったり、遊べても遊べなくても良いようなフワッとしたスケジュールで誘ったりするでしょう。

しかし、本気で好きな女性の場合は、簡単に誘うことはできません。絶対に断られたくない思いが強いため、相手の都合を聞いて、予定を合わせてデートプランを立てようと考えます。

そのため本命女性には具体的に空いてる日にちを聞くなど、先の予定を伺うことが多くなるのです。「週末何してる?」「〇日って空いてるかな?」というように、デートの予定を決めたそうな言葉は本命にしか言わないのです。

2. 「もう少し一緒にいたいな」

男性とランチや買物などに出かけたとします。帰るときになって彼が、「もう少し一緒にいれる?」「まだ時間ある?」というニュアンスの言葉を言ったなら、あなたを本命女性として見ている確率が高くなるでしょう。友達であれば、用が終われば軽く「バイバイ」と言って帰るのが普通です。

男性も本気で好きな相手とは、少しでも長く一緒にいたいと思うものです。本命女性との時間は、別れるのが惜しい気持ちになることが多いのです。照れ屋の彼の場合は、「まだ時間ある?お茶にでも行こうか?」と誘ってくるかもしれません。いずれにせよ、帰りたくなさそうな言葉を言うならば、好きな気持ちが溢れていると言えるでしょう。

3. 「何か困ってたら言ってね」

男性は、好きな女性には「男として頼って欲しい」と思っている人も多いです。「守ってあげたいし力になりたい」という庇護欲が、本命女性には強くなるのです。

そのため、「いつでも頼ってね」「困っているときは言ってね」というような言葉をかけることが多くなるでしょう。これは「いつでもあなたのために動きますよ」というアピールでもあります。

男性は合理的思考を持つ傾向にあるため、興味がない相手に対しては、自ら時間や労力を使って何かしてあげたいとは思いません。もちろん、頼られれば快く助けてくれるでしょうが、好きでなければ、先回りして自主的に動こうとはしないのです。

元記事で読む
の記事をもっとみる