1. トップ
  2. おでかけ
  3. 【玉梓】はなんて読む?手紙を意味する言葉

【玉梓】はなんて読む?手紙を意味する言葉

  • 2022.8.11
  • 3915 views

「玉梓」はなんて読む?

「梓」は植物の名前で、「あずさ」と読みます。

あずさに「玉」を付けた場合、なんと読むかご存じですか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「たまずさ」でした!

「たまあずさ」から変化した読み方です。

玉梓は「玉章」とも書き、手紙や消息を意味します。手紙のなかでも、とくに紙を中央部分で結んだ恋文を指すことが多いのだとか。

もともと玉梓は、手紙を運ぶ役割を担っていた方が梓の杖を使用していたことから、「使者」という意味をもっていました。そこから転じて、使者が持っていた「手紙」を意味するようになったようです。

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)
・『日本大百科全書』(小学館)

元記事で読む
の記事をもっとみる