1. トップ
  2. Red Velvetジョイ、新ドラマで“田舎町のおまわりさん”に!ドラマスタッフも驚きの役とのシンクロ率

Red Velvetジョイ、新ドラマで“田舎町のおまわりさん”に!ドラマスタッフも驚きの役とのシンクロ率

  • 2022.8.9
  • 143 views

Red Velvetのジョイ(本名パク・スヨン)が“町のおまわりさん”に変身する。

Kakao TVオリジナル『思いがけず田園日記』(原題)でスチールカットを初公開した。ステージ上で美しいパフォーマンスで汗を流すジョイが、今回は田舎町で汗を流す「アン巡査」に変身する。

来る9月5日から公開されるKakao TVオリジナル『思いがけず田園日記』(演出クォン・ソクジャン、脚本ペク・ウンギョン、企画・製作Kakaoエンターテインメント)は、田舎町のヒドンリで生まれ育った、この地域の巡査「アン・ジャヨン」(演者ジョイ)と一日も早くヒドンリ脱出を夢見るソウルっ子獣医「ハン・ジユル」(演者チュ・ヨンウ)のどたばたラブコメディだ。

ジョイは、ヒドンリに何かが起きれば必ず現れる交番の巡査アン・ジャヨン役を演じ、新しいキャラクターに挑戦する。

田舎町の“人間ビタミン”

ヒドンリの苦情センターであり代表の解決士としてあちこちをかけめぐる「アン巡査」ジャヨンは修理なら修理、農業なら農業、大体なことは全部できる“プロ”だ。そのうえ、社交的な彼女を嫌う人はいない。

一言で言えば、ヒドンリの超人気者だ。

(画像=Kakaoエンターテインメント)アン・ジャヨンを演じるジョイ

本日(8月9日)公開されたスチールカットを見ても、ジャヨンがなぜ住民から愛されているのかが分かる。

どこへでも行ける自転車と常時出動できる機動力を装着したジャヨン。何よりも元気で明るい笑顔は、緑であふれたヒドンリに清涼なエネルギーを加えた。

オーダーメイドしたような警察服を完璧に着こなしたジョイは、爽やかな微笑みで愛らしい魅力を加え、眩しいビジュアルを誇った。

前作のドラマ『一人だけ』(原題)で死が迫ったインフルエンサー役を完璧に演じ切り、その演技力を立証したジョイ。『思いがけず田園日記』を通じて、華やかさを捨てて田舎町に温もりと活力をもたらす純粋で朗らかな「アン巡査」になりきる。

制作スタッフは「パク・スヨン(ジョイ)がキャラクターと期待以上のシンクロ率を見せ、スタッフ全員驚いた。特有の爽やかで愛らしいイメージが、爽やかなシナジーまで起こした。パク・スヨンの演技の変身を見守ってほしい」と伝え、期待を膨らませた。

Kakao TVオリジナル『思いがけず田園日記』は12部作のミッドフォームドラマで、9月5日からKakao TVを通じて公開される。

(記事提供=OSEN)

元記事で読む
の記事をもっとみる