1. トップ
  2. メイク
  3. 抜け感がないとはじまらない♡2022年夏の今っぽブラウンメイクのやり方

抜け感がないとはじまらない♡2022年夏の今っぽブラウンメイクのやり方

  • 2022.8.9
  • 6256 views

定番のブラウンメイクですが、今は「抜け感」がとても大事。デカ目効果のあるブラウンメイクですが、色選びやメイク方法によっては、濃く見えてしまったり、老け見えの原因にも…!今回はブラウンメイクで気をつけるポイントや今っぽブラウンメイクの方法をご紹介します。

POINT①パーソナルカラーに合わせた色選び

ブラウンメイクで一番重要なのは「色選び」。

肌色に合わないブラウンカラーを選ぶと、メイクが浮いて見えたり、顔色が悪く見えたりと、メイク技術に関係なく「失敗メイク」になってしまうことも…。

イエベさんは黄色やオレンジ寄りのブラウンを、ブルベさんはピンクや赤寄りのブラウンを選ぶのがおすすめ。

自分のパーソナルカラーが分からない場合は、イエベ向けとブルベ向けのそれぞれをプチプラのアイシャドウなどを使って試してみるのもおすすめです。

POINT②アイラインとマスカラもブラウンで統一感をアップ

アイシャドウの色選びができたら、アイラインやマスカラもシャドウの色に合わせて選んでみてください。

アイシャドウ、アイライナー、マスカラの色を揃えることで、統一感も増しますし、黒色を使うよりも抜け感が出ます。

POINT③アイシャドウのテクスチャーは目の形(二重幅)で選ぶ

アイシャドウを選ぶときに、「マットカラーがいいの?ラメが入っているものがいいの?」と悩んだことはありませんか?

一重&奥二重。腫れぼったいまぶたが悩みの方

一重や奥二重の方、または、まぶたの腫れぼったさや脂肪が気になる方は、パール感のあるシャドウを使うと、より腫れぼったく見えてしまうので、「マットシャドウで引き締める」がおすすめ。

すっきり奥二重&二重。乾燥や老け見えが気になる方

二重の方や、まぶたのハリがなかったり、目元の乾燥が気になる方は、マットシャドウを使うと老け見えの原因になるので、「自然なツヤと膨らみを与えてくれるパール系のシャドウ」がおすすめです。

使用カラコン/POP LENS アイライターグローイ[ブラウン]

元記事で読む
の記事をもっとみる