1. トップ
  2. レシピ
  3. ゴーヤーとにんにくの相性が最高!暑い夏のおつまみは簡単で便利なゴーヤーのお手軽しょうゆ漬けがおすすめ

ゴーヤーとにんにくの相性が最高!暑い夏のおつまみは簡単で便利なゴーヤーのお手軽しょうゆ漬けがおすすめ

  • 2022.8.9
  • 4885 views

これだけ暑い日が続くと、どうしても食欲は低下しがち。
暑いキッチンにも、長く立っているのはしんどいですよね。
今回は、そんなときにおすすめな常備菜レシピをご紹介します。
適度な苦みがさわやかでおいしい、ついついポリポリ食べてしまう、ゴーヤーのしょうゆ漬けです。

材料

・ゴーヤー:1~2本
・にんにくのすりおろし:小さじ1(チューブでOK)
・しょうゆ:大さじ3
※お好みでめんつゆ(3倍濃縮タイプ)に置き換えてもOK。少しマイルドな味に仕上がります。
・みりん:大さじ3
・ごま油:小さじ1
・かつお節:適量
※お好みで

つくり方

1.ゴーヤーはヘタを取り、縦半分に切ります。

2.スプーンなどでワタをこそげ取ります。
※ざっくりでOKです。

3.3ミリ程度の厚さにカットします。

4.沸騰したお湯にゴーヤーを入れ、1分ほど茹でます。
※ゴーヤーの苦味が苦手な方は若干長めに(2~3分)茹でてもOK

5.ザルに取ります。
※水にさらさないように。

6.チャック付き袋に調味料とゴーヤーを入れ、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やします。
※30分以上冷やすのがおすすめ。翌日以降が更に美味しいです!

7.冷蔵庫から取り出し、器に移し、かつお節を振りかけます。

ポイントはゴーヤーの高い栄養価!
ゴーヤーには豊富なビタミンCをはじめ、カリウム・葉酸・βカロテンなどが含まれており、『夏野菜の王さま』と呼ばれるにふさわしい栄養価を誇っています。
しかし、ゴーヤーには独特な苦みと青臭さがあり、苦手とされる方も多いのが事実。
今回は、茹でる・にんにくとごま油の風味を加える・かつお節をつかうことにより、苦みや臭みを感じにくい、食べやすいレシピになっています。
一度つくってしまえば、冷蔵庫に保管すると5日ぐらいは楽しめます。
そうめんや丼ものなど、なかなか野菜を豊富に摂りづらいレシピのときに添えるのもおすすめです。
ほのかな苦みが、暑さで食欲の落ちたときでも、口に入れやすいレシピです。
常備菜として、ぜひつくり置きしてみてくださいね。

[文:キレイ研究室研究員 船木(化粧品メーカー研究員・サプリメントアドバイザー・健康管理士一般指導員・健康管理能力検定1級)]

元記事で読む
の記事をもっとみる