1. トップ
  2. 恋愛
  3. 大切なおもちゃを簡単にあげるって言わないで!子どもの優しさを褒めてあげられなかった…おもちゃトラブル

大切なおもちゃを簡単にあげるって言わないで!子どもの優しさを褒めてあげられなかった…おもちゃトラブル

  • 2022.8.5
  • 2113 views

仲良しの子ども同士でも、おもちゃの取り合いでケンカをしたりトラブルに発展したりすることってありますよね。ただケンカをしてる子どもたちに親としてはどう対応していいか迷うこともあるでしょう。大切な思い出のあるおもちゃをめぐるオニハハ。(@onihaha3)さんの体験を描いた漫画『五歳息子が友達とおもちゃトラブル』をダイジェストで紹介します。本記事は過去の配信で人気だった記事の再掲載です。

保育園の帰り道、友だちに「そのおもちゃほしい」と言われ

長男のイチくん5歳と長女のニコちゃん2歳を車でお迎えに来たオニハハ。さん。帰ろうとすると、イチくんと同じクラスで仲良しのシュンくんが、自分のロボットのおもちゃを見せてきました。するとイチくんも車の中からライトが光るパトカーをシュンくんに見せます。しかしそこでシュンくんは「それほしい」と泣き出してしまいます。

相手の親がなんとかなだめてくれると思ったオニハハ。さんでしたが、シュンくんのママはおろおろするばかり…。結局イチくんはパトカーのおもちゃを相手にあげてしまいます。それを目にしたオニハハ。さんは驚きだけではない気持ちにとらわれます。

簡単にあげちゃうのが悲しくて悔しくて

イチくんがシュンくんに差し出したパトカーのおもちゃは、オニハハ。さんが子どもたちと一緒にお祭りへ行ったとき、「赤ちゃんが生まれるまえに3人でお祭りに行った思い出のおもちゃ」として買ったもの。イチくんも「大切にするって約束する」と言ってくれた、親にとっても思い入れのあるおもちゃでした。

買ったばかりだし大切にすると約束したものだし、イチくんがあっさり手放すことにびっくりする以上に納得でいず腹が立ってしまったオニハハ。さんは、車の中でついイチくんに怒鳴ってしまうのでした。

自分の弱さと向き合えて、だから…

帰りの車内でオニハハ。さんに責められて泣き出してしまったイチくん。オニハハ。さんは帰宅後、イチくんを責めてしまったことを反省して、自分はどうすれば良かったのかを改めて考えます。

イチくんがお友だちにおもちゃをあげたのは彼の優しさから。もし大切にするという約束を忘れてしまっていたなら、自分はそのことを思い出させてあげるべきだった…そう思ったオニハハ。さんは、イチくんに謝って二度と理不尽に傷つけないことを誓います。

母の心情は『五歳息子が友達とおもちゃトラブル』をぜひ!

子どものころも大人になっても、「あのときあんなことするんじゃなかった」という後悔は誰にでもあるもの。大事なのは、そのことを反省して今後どうするかということですよね。

今回、おもちゃをお友だちにあげてしまったイチくんですが、実は彼がおもちゃをあげるまでには、相手の親のちょっとモヤモヤする言動もあり…。子どもがワガママを言ってしまったときの対応も勉強になる『五歳息子が友達とおもちゃトラブル』、一度読んでみてほしい作品です。

著者:ママリ編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる