1. トップ
  2. 「何に見える?」あなたの“真面目度”がわかる心理テスト

「何に見える?」あなたの“真面目度”がわかる心理テスト

  • 2022.9.25
  • 127551 views
undefined

真面目な人は、いつも一生懸命に物事に取り組むので、人からの信頼が厚いでしょう。一方で真面目すぎると、融通がきかなかったり冗談が通じなかったりと、トラブルの原因にもなってしまうでしょう。では、あなたの真面目度は一体どれくらいでしょうか?心理テストで探ってみましょう。

図形が何に見えますか?直感でお答え下さい。



1.蝶々

2.仮面

3.眼鏡

4.はさみの柄



1.蝶々に見えた人は「真面目度40%」

図形が蝶々に見えた人は、真面目度40%でしょう。あなたは真面目とはあまり言われることはないのかもしれません。どちらかというと、気楽で砕けている人なのではないでしょうか。

このタイプの人は、遊び心がある人でしょう。どんな時でもユーモアを忘れないのかもしれません。みんなと同じことを普通にするのではなく、どうせやるなら楽しみながらと思っているのではないでしょうか。

あなたはほどほどに力が抜けていてリラックスしているので、あまりストレスが溜まらないようです。張り詰めた空気を和ませる、ムードメーカーのような役割もしているのかもしれません。

2.仮面に見えた人は「真面目度80%」

図形が仮面に見えた人は、真面目度80%でしょう。いつも何をするにも一生懸命で、手を抜いたりしないようです。やるべきことをきちんとこなさないと気が済まないのかもしれません。人間関係にもとても真面目なようです。

このタイプの人は、誠実でしょう。仕事では完璧を目指そうとするのかもしれません。また、誰に対しても丁寧で真剣な対応をするようです。一方で、真面目過ぎて堅苦しいと思われてしまうこともありそうです。

もう少し砕けた印象を与えたいのであれば、まずは周りの人に対して笑顔と挨拶を意識してみましょう。話しかけやすい雰囲気をつくることができれば、相手から話しかけてくれるでしょう。会話の中で砕けた雰囲気の出し方を見て学んでゆくとよいでしょう。

3.眼鏡に見えた人は「真面目度20%」

図形が眼鏡に見えた人は、真面目度20%でしょう。あなたは真面目で堅苦しい雰囲気が苦手なようです。息がつまってしまうのかもしれません。ふざけていない自分は自分らしくない、と思っているのではないでしょうか。

このタイプの人は、いわゆる“ゆるい性格”のようです。何事も頑張りすぎずに適当にやっているのかもしれません。同時に、周りから真面目に見られることに抵抗がありそうです。仕事の場面で誤解されたりした経験があるのではないでしょうか。

周りが本気を出している時は、あなたがその気でなくても、恰好だけでも周りに合わせておいた方がよさそうです。普段は力を抜いていても、やるべき時にちゃんとやっていれば、周りからも何も言われないでしょう。

4.はさみの柄に見えた人は「真面目度60%」

図形がはさみの柄に見えた人は、真面目度60%でしょう。あなたは何かに取り組んでいる時は真面目なようですが、取り組んだ後にはまるで糸が切れたように、何もしたくなくなってしまうことがあるようです。

このタイプの人は、熱い人のようです。自分の情熱を注ぎながら、物事に取り組むようです。熱くなった感情を自分の中だけにとどめておくことができず、表に出しているのでしょう。そのため、周りの人もつられて熱くなってしまうことがあるのかもしれません。

あなたは探究心も強いので、ひとたび何かに夢中になればすごい勢いで取り組むのでしょう。その様子が周囲からは真面目に見えるのかもしれません。ただ、燃え尽きて動けなくなるのもまた問題なので、長期的な目線で計画を立ててみるとよりよいでしょう。



ライター:miraclemilk
心理カウンセラーとして、クライエントの悩みに共感し寄り添いながら支えています。心理テストで自分の知らない一面を探してみませんか?みなさまがほっと一息つけるような、気分転換になるような記事を発信していきますので、お楽しみに!
編集:TRILLニュース

の記事をもっとみる