1. トップ
  2. KARA出身のニコル、8年ぶりに“母国”でカムバック!ベテランソロ歌手のハプニングとは?

KARA出身のニコル、8年ぶりに“母国”でカムバック!ベテランソロ歌手のハプニングとは?

  • 2022.7.26
  • 138 views

日本でも人気を博した女性アイドルグループKARA出身の歌手ニコルが8年ぶりに帰ってくる。

7月27日に新デジタルシングルアルバム『YOU.F.O』をリリースするニコルは、本日(7月26日)、ソウル奨忠(チャンチュン)洞のクレスト72でメディアショーケースを開いた。

今回のシングルは、ドラマのOSTを除いて韓国で8年ぶりにリリースする新曲ということで話題を集めている。

ニコルは「この数年間、私だけの時間を持って海外での活動をしてきた。昨年から韓国でのカムバックを準備した」と近況を伝え、「プレッシャーがないと言えば嘘になるが、それよりもわくわくする気持ちの方が大きかった」と復帰への感想を明かしている。

ニコル

長い空白期間、リフレッシュする時間を持ったと述べたニコルは、「若い頃に活動していた時は、あまりにも忙しくて自分自身を知る時間がなかった」とし、「休養期間中に旅行にも行き、一人だけの時間を過ごした。それまで感じていた憂鬱の原因も分かった。一人でリラックスする時間を持ったおかげで、視野を広げることができた」と話す。

ニコルは2007年にKARAのメンバーとしてデビュー。KARAは同年デビューした少女時代やWONDER GIRLSとともに、2000年代後半に一世を風靡した。

2014年1月に脱退してソロ歌手へと転身したニコルは、同年11月にミニアルバムでソロデビューを果たしたあと、主に日本で音楽活動を繰り広げてきた。

そんなニコルは最近、JWKエンターテインメントと専属契約を結び、韓国での活発な活動を予告した。

ニコルは「以前から韓国で活動をしたかったが、タイミングがずっと合わなかった。長い時間かかったが、その分しっかりとしたコンディションでカムバックしたかった」と説明し、「近くで私を導いてくれたスタッフの皆さんのおかげで、安定感と自信を持ってカムバックすることができた」と付け加えた。

ニコル

ニューシングル『YOU.F.O』には、“U.F.O(未確認飛行物体)”と“You will find our galaxy”という二重の意味が込められていて、『YOU.F.O』を通じて一層成長した音楽とパフォーマンスを披露し、夏らしい清涼感あふれる感性を伝える。

ハプニングも発生

新曲についてニコルは「新しさを迎えた時を比喩した曲だが、ダンス曲の清涼感を込め、夏にぴったりの曲だ」と紹介した。大人っぽさと清涼感を備えたサマーソングで、今夏のK-POP界に照準を合わせるという。

久しぶりのカムバックへの大変だったところも打ち明けてくれた。「ほぼ10年ぶりのカムバックなので緊張することが多かった。一生懸命踊りながらカメラを探すという心配もあったが、一番驚いたのは歌詞を忘れたこと。昔はそんなことなかったが、新曲を準備してからずいぶん経ったんだなと思った。心配まではしなかったが、自分自身に困惑した」と語った。「空白期間が長かっただけに色々な姿を準備して埋めていこうと努力した。新しい姿を発見してほしい」と付け加えている。

KARAの活動計画は?

今年はKARAがデビューしてから15周年を迎えるという点で、ニコルの韓国復帰への意味もより深まる。

最近、ニコルはKARAのメンバー(ハン・スンヨン、パク・ギュリ、カン・ジヨン/知英、ホ・ヨンジ)とともにKARAのデビュー15周年を祝う集合写真に登場し、話題となった。

KARAのメンバーたちに、あらかじめ新曲とミュージックビデオを見せたというニコルは、「メンバーたちが、曲が素敵だとたくさん褒めてくれたり、ミュージックビデオの撮影現場にも訪ねてきて応援してくれたり、“きれいだ”と言ってくれたのが大きな力になった」と感謝の気持ちを伝えている。

KARAの活動計画については「数カ月間、コツコツ企画している。結構具体的になってきた。今年でデビュー15周年なので、韓国のファンの方々に会いたくて一生懸命準備している」とこっそり打ち明けたりもした。

ニコル

今夏、女性ソロアーティストのカムバックが相次いでいるなか、ソロ歌手のニコルだけの特別なポイントを尋ねると、「女性ソロ歌手の方々は、皆さん各自の個性がはっきりして魅力的だが、私は健康的で力強いステージをお見せできるのではないかと期待している」とし、「今回の曲を初めて聞いた時に感じた明るいエネルギーを、ファンの皆にも伝えたい」という願いを明らかにした。

最後に、今回の活動で達成したい目標について「曲がたくさん愛されてほしいが、久しぶりに帰ってきただけに“ニコルという歌手が帰ってきた”ということをたくさん知ってほしい」と述べ、これからの活発な活動を予告した。

元記事で読む
の記事をもっとみる