1. トップ
  2. 女優ソン・ヘギョ主演、『トッケビ』作家、『秘密の森』監督…“最強タッグ”によるNetflix新シリーズ

女優ソン・ヘギョ主演、『トッケビ』作家、『秘密の森』監督…“最強タッグ”によるNetflix新シリーズ

  • 2022.7.22
  • 715 views

Netflixが名実共に韓国最高のヒットメーカーであるキム・ウンスク作家とアン・ギルホ監督が意気投合したドラマ『ザ・グローリー(The Glory)』(原題)の制作を決定し、キャストのラインナップを公開した。

キム・ウンスク作家、アン・ギルホ監督と手を握ったNetflixが、新しいシリーズ『ザ・グローリー』の制作を確定させた。『ザ・グローリー』は、幼年時代に暴力によって魂まで砕かれた一人の女性が生涯をかけて緻密に準備した凄絶な復讐と、その渦に陥る人々の物語を描いたNetflixシリーズだ。

ドラマ『ザ・キング:永遠の君主』『ミスター・サンシャイン』『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』『太陽の末裔 Love Under The Sun』『相続者たち』『紳士の品格』『シークレット・ガーデン』『パリの恋人』と、作品のたびにシンドロームを起こした自他共に認める“ロマンスの大家”キム・ウンスク作家が、次回作でロマンスではなく復讐劇を準備中だというニュースが伝えられた瞬間から、『ザ・グローリー』は話題の中心だった。

全国民に忘れられないときめきをプレゼントしてきたキム・ウンスク作家は、どんな強烈な物語を見せてくれるだろうか。

キム・ウンスク作家の新しい物語は、『ハピネス』『青春の記録』『ウォッチャー 不正捜査官たちの真実』『アルハンブラ宮殿の思い出』『秘密の森』など、ジャンルもので卓越した才能を見せてくれたアン・ギルホ監督の演出で完成する。キム・ウンスク作家とジャンルものの大家アン・ギルホ監督のコラボがどんな結果を生むか、注目が集まっている。

ソン・ヘギョが復讐に燃える女性に変身

何よりも『ザ・グローリー』には、ソン・ヘギョ、イ・ドヒョン、イム・ジヨン、ヨム・ヘラン、パク・ソンフン、チョン・ソンイルが出演を確定し、完璧なラインナップを完成させた。

(写真提供=UAA)ソン・ヘギョ

『今、別れの途中です』『ボーイフレンド』『太陽の末裔』『その冬、風が吹く』などを通じて、繊細で深みのある演技を見せてきた女優ソン・ヘギョがムン・ドンウン役を演じ、『太陽の末裔』以来、再びキム・ウンスク作家と呼吸を合わせる。

ソン・ヘギョが演じるムン・ドンウンは、恐ろしい校内暴力の被害者で、加害者と傍観者に向かって命をかけた復讐を計画する人物だ。怒りと憎悪で光の見えない極限の時間を耐えてきたムン・ドンウンに扮し、初のジャンルものに挑戦するソン・ヘギョの変身に期待が高まっている。

(写真提供=YUE HYAエンターテインメント)イ・ドヒョン

Netflixシリーズ『Sweet Home-俺と世界の絶望-』に続き、『五月の青春』『メランコリア』と、しっかりとした演技力を発揮している俳優イ・ドヒョンは、秘密の事情を持つチュ・ヨジョン役を演じる。作品を重ねるごとに成長し、驚くべきキャラクター消化力を見せているイ・ドヒョンが、明るい姿の裏に複雑な内面を隠したチュ・ヨジョンをどう演じるか注目だ。

(写真=COSMOPOLITAN)イム・ジヨン

ドラマ『バラマンション』『ウェルカム2ライフ~君と描いた未来~』、映画『スピリットウォーカー』『タチャ ワン・アイド・ジャック』など、多様なキャラクターでイメージを変身させ、幅広い演技のスペクトラムを披露してきた女優イム・ジヨンは、過去に校内暴力の主導者であるパク・ヨンジン役を演じる。影ひとつなく完璧に見える人生を歩んできたパク・ヨンジンは、ブーメランとなって自分の首を締める過去の影から大切なものを守るために立ち向かう。

予想を超えた新鮮なキャスティングで注目される『ザ・グローリー』の制作は、『ザ・キング』『ミスター・サンシャイン』『トッケビ』など、長らくキム・ウンスク作家と呼吸を合わせたHwa&Damピクチャーズが担当し、Netflixで独占配信される予定だ。

元記事で読む
の記事をもっとみる