1. トップ
  2. おでかけ
  3. モデル・前田エマの理想の3日間 in SUMMER。越後妻有から都内へ。アート展をはしごする

モデル・前田エマの理想の3日間 in SUMMER。越後妻有から都内へ。アート展をはしごする

  • 2022.7.20
  • 491 views
モデル・前田エマの理想の3日間 in SUMMER。越後妻有から都内へ。アート展をはしごする

越後妻有から都内へ。アート展をはしごする

1泊2日で『越後妻有 大地の芸術祭 2022』へ。初日は、マ・ヤンソン/MADアーキテクツの「Tunnel of Light」などを観たのち、イリヤ&エミリア・カバコフの新作「手をたずさえる塔」を鑑賞。作品の先端が光るそうなので、観る時間帯によって印象が変わりそうです。

次の日は、〈鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館〉やアントニー・ゴームリーの「もうひとつの特異点」に没入。越後妻有の自然に包まれながらアートに触れると、瞑想のような体験ができるはず。そのまま帰京し、東京駅付近のホテルに宿泊。

最終日はアーティゾン美術館『写真と絵画−セザンヌより 柴田敏雄と鈴木理策』と東京国立近代美術館『ゲルハルト・リヒター展』をはしご。自然の中での芸術体験を経た後に観る美術館での展示からは、普段と違う新鮮な視点や感覚が得られそうです。

SCHEDULE

day1
新潟・『越後妻有 大地の芸術祭 2022』に参加する。
イリヤ&エミリア・カバコフの「手をたずさえる塔」を鑑賞。

day2
新潟・『越後妻有 大地の芸術祭 2022』2日目。
〈絵本と木の実の美術館〉やゴームリーの作品に没入。

day3
帰京し、アーティゾン美術館と、東京国立近代美術館をはしごする。

イリヤ&エミリア・カバコフ「手をたずさえる塔」
色の変化も楽しめる「手をたずさえる塔」。イリヤ&エミリア・カバコフ「手をたずさえる塔」Photo:Nakamura Osamu

profile

モデル・前田エマ

前田エマ(モデル)

まえだ・えま/1992年神奈川県生まれ。モデルや執筆などで幅広く活動。初の単独書籍、小説集『動物になる日』(ミシマ社)が発売中。

Instagram:@emma_maeda

元記事で読む
の記事をもっとみる