1. トップ
  2. 恋愛
  3. 家を出て不倫相手と同棲…妻子を捨てた最低夫に下った「地獄級の天罰」【後編】

家を出て不倫相手と同棲…妻子を捨てた最低夫に下った「地獄級の天罰」【後編】

  • 2022.7.9
  • 10011 views

夫婦円満だと思っていたのに、ある日突然夫から「離婚したい」と言われた結衣さん(当時32歳)。離婚理由を尋ねると、夫の知也さんは、結衣さんを女と見られず、生理的に受け付けられなくなったからだと告げます。深く傷ついた結衣さんですが、彼のスマホをこっそり見ると、不倫の事実が発覚したのです。

夫と不倫相手のLINEを見てしまい…

「知也が私と離婚したがっていたのは、結局、浮気相手の女性に本気になり、彼女と一緒になりたかったから。二人のLINEのやり取りを見たら、すごく生々しくて気持ち悪くなりました。『今日、嫁に別れたいって言ったよ』『ほんと? 嬉しい! いつ離婚するの?』なんていうやり取りもあって…。怒りに震えました」

しかし、結衣さんはすぐには離婚を受け入れませんでした。夫への怒りはあるものの、子どもはまだ4歳。子どもから父親を取り上げたくない…という思いが強かったのです。

「それに私自身、結婚を機に正社員として働いていた会社を辞めてしまいました。子どもを産んでしばらくしてから働き始めたものの、パートなので、離婚して一人で子どもを育てていく自信がなかったのも事実です。なのでその時は、離婚はしない、という選択をしたのですが…。そこからはさらに地獄でした」

家に帰ってこなくなった夫

浮気相手と同棲を始めたのか、知也さんはほとんど家に帰宅しなくなりました。帰ってくるのは月に1度ほど。子どもの顔を見るためだけに帰ってくるのです。いつ帰宅するかわからない夫を、子どもと二人で待ち続けるのは、精神的にかなり辛かったそうです。

「こんな惨めな思いをしてまで、結婚生活を続けることに意味があるのかわからなくなり、何度も離婚しようと思いました。でもたまに帰ってきた知也が子どもを可愛がっている姿を見ると、心が揺らぐんです」

こうして別居生活を続けて、1年が経過した頃。なんと突然、知也さんが戻ってきたのです。

突然夫が帰ってきた理由

「少し前から浮気相手の女性とはかなり揉めていたようです。いつまで経っても離婚しないのを詰められていたようで、結局痺れを切らした彼女から捨てられたんだとか。

彼女から捨てられた途端、家に戻ってきました。でも私は、この1年でずいぶんメンタルが鍛えられたのか、以前のように知也にすがりたいという思いは一切なくなっていたんです。むしろ『今さらどの面下げて帰ってくるの?』という怒りの方が勝ってしまい…。もう彼との結婚生活を続けたいという気持ちは一切ないことに気づきました」

以前の態度とは一変し、「やり直したい」と懇願してくる知也さんを振り払い、離婚を決意。子どもと二人で生きていく決意を固めたのです。

「ちなみに知也のその後は、というと…。もともと大企業の営業部でバリバリ働いていましたが、浮気相手にも捨てられ、家族も失い、精神的にダメージが大きかったらしく…。営業成績がガタ落ちして、営業部から外されてしまったようです。ちょっとかわいそうだけれど、バチがあたったんでしょうね。

今思うと、なんで1年間もあんな人を待ち続けていたんだろう…とは思いますが、当時の私には必要な時間でした。1年間頑張ったからこそ、離婚を決意できたんです。今はフルタイムの仕事も見つけて、実家に支えられながらシングルマザーとして頑張っています」

妻を傷つけ、不倫に溺れた罪は大きかったようです。大切な人を不幸にしてまで幸せを手に入れようとすると、何もかも失うのかもしれません。因果応報というのは実際にあり得るのだと改めて思い知らされました。

妻が夫の不倫を暴いた方法とは…【前編】はコチラをどうぞ。
https://ananweb.jp/anan/425736/

©RyanKing999/Gettyimages
©rudi_suardi/Gettyimages
©RunPhoto/Gettyimages

文・小泉 幸

元記事で読む
の記事をもっとみる