1. トップ
  2. レシピ
  3. 忘れられない夏の思い出を。東京近郊の"2022年 夏祭り"まとめ

忘れられない夏の思い出を。東京近郊の"2022年 夏祭り"まとめ

  • 2022.7.6
  • 427 views

夏の風物詩として人々に親しまれている「夏祭り」。しかし、コロナ禍によって多くの夏祭りが中止を余儀なくされました。なんと今年は、余儀なく中止とされた数々の夏祭りが数年ぶりに開催されます!その中でも東京近郊の夏祭り6選をご紹介したいと思います。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

1. 大手町・丸の内・有楽町 夏祭り 2022 / 大手町・丸の内・有楽町

開催日:2022年7月29日(金)

大手町・丸の内・有楽町夏祭り2022実行委員会と三菱地所株式会社は、大手町・丸の内・有楽町地区にて夏の恒例イベント「大手町・丸の内・有楽町 夏祭り 2022」を開催します。2年ぶりの開催となる「丸の内 de 打ち水」では、新型コロナウイルス感染症対策を講じたスタイルで実施予定で、猛暑が予想される今夏に、環境に配慮した昔ながらの方法で、大丸有地区の就業者や来街者の方々に涼を感じていただけます。

さらに、高さ約5mの祭櫓(まつりやぐら)が行幸通りに登場する「東京丸の内盆踊り」も3年ぶりに開催します。「丸の内音頭」や「東京音頭」などお馴染みの楽曲でどなたでもご自由に盆踊りにご参加いただけるほか、今年はDJによるステージも初開催。都会の夏をパワフルに彩るお馴染みの夏うたで会場を盛り上げます。他にも、大丸有地区の人気飲食店による屋台も出店し、かき氷や綿あめ等、お祭りならではの限定メニューもお楽しみいただけます。

詳細情報

■「大手町・丸の内・有楽町 夏祭り 2022」
開催日時:2022年7月29日(金)※雨天中止
「丸の内 de 打ち水」17:00~19:00/「東京丸の内盆踊り」17:30~20:00
開催会場:行幸通り

丸の内

行幸通り

2. ECO EDO 日本橋 2022 / 東京・日本橋

開催期間:2022年7月8日(金)~9月4日(日)

東京・日本橋にて開催される「ECO EDO 日本橋 2022」。江戸時代に日本橋で育まれた“涼”をとる生活の知恵や工夫を現代流にアレンジした様々なイベントが日本橋の街中で開催されます!「夏限定グルメ」、「浴衣」、「風鈴」など、日本情緒あふれる納涼気分を五感で体験できます。

今年は、大好評の「森の風鈴小径」が、日本橋室町エリアを中心とした他2か所にエリアを拡大して3年ぶりに再登場!「夏を奏でる風鈴スポット」として涼しげな街歩きが演出されます。その他にも「夏のおさんぽメニュー」や、江戸の涼をテーマにした各種イベントとともに、この夏ならではの日本橋街歩きを楽しめますよ。

詳細情報

■ECO EDO 日本橋 2022
開催期間:2022年7月8日(金)~9月4日(日) ※雨天決行
開催場所:日本橋地域

日本橋

3. 第56回 麻布十番納涼まつり / 東京・麻布十番

開催期間:2022年8月27日(土)〜8月28日(日) ※荒天中止

東京・麻布十番商店街にて開催される「第56回 麻布十番納涼まつり」。今年は3年ぶりの開催です!こちらのお祭りは、麻布十番商店街にならぶ商店による縁日となっています。

数々の老舗・名店が工夫を凝らした出店をします。昔ながらの綿あめやかき氷、金魚すくいなど大人・子供問わず、家族・友人でも楽しめる祭りとなっていますよ!

詳細情報

■第56回 麻布十番納涼まつり
開催期間:2022年8月27日(土)〜8月28日(日) ※荒天中止
開催時間:14:00~20:00
開催場所:麻布十番商店街
会場:麻布十番書店街一帯

麻布十番納涼まつり

4. みたままつり / 東京・九段下

開催期間:2022年7月13日(水)~7月16日(土)

東京・九段下にて、2022年7月13日(水)~7月16日(土)に開催される「みたままつり」。こちらは、昭和22年に戦没者のみたまを慰霊するために始まったお祭りとなっています。東京の夏の風物詩として、毎年賑わいを見せていますよ。

境内には、なんと3万を超える献灯が掲げられ、その光が靖国神社を美しく彩ります。今年は、本殿前にて参拝できる「夜間中庭参拝」のほか、各種奉納芸能が催行されるそうですよ。

詳細情報

■みたままつり
開催期間:2022年7月13日(水)~2022年7月16日(土) 雨天決行
※屋外の奉納芸能は中止になる可能性があります。
開催時間:6:00~21:30
開催場所:靖国神社

靖国神社

5. 四万六千日 ほおずき市 / 東京・浅草

開催期間:2022年7月9日(土)~7月10日(日)

東京・浅草寺にて開催される「四万六千日 ほおずき市」。浅草寺では、毎月設けられている「功徳日」の中でも、7月10日(日)は最も大きな功徳が得られる日といわれているそうです。その日数を換算すると、およそ126年(四万六千日)に相当し、一生分の得が得られる縁日となっているそうですよ!

本堂で行われる法要や、境内では、オレンジの色鮮やかなほおずき露店がいくつも軒を連ねるなど、お祭りを楽しむ要素がたくさん。浅草の夏の風物詩である浅草寺の四万六千日とほおずき市は、日本の各地より訪れる数多くの参拝客で活気を帯び、大いに賑わいます!

詳細情報

■四万六千日 ほおずき市
開催期間:2022年7月9日(土)~7月10日(日)
開催時間:四万六千日 6:00~19:00頃
ほおずき市 9:00~21:00頃
開催場所:浅草寺

浅草寺

6. 第57回 中目黒夏まつり / 東京・中目黒

開催期間:2022年8月6日(土)~8月7日(日)

東京・中目黒にて開催される「第57回 中目黒夏まつり」は、50年以上の歴史があるお祭りです。阿波おどりとよさこいの両方が楽しめ、それらを観覧しに訪れる多くの方で賑わいます。

初日は阿波おどりが開催されます。地元の目黒銀座連はじめ各地で活躍の有名連も参加する予定だそうですよ。翌日はよさこいが開催され、地元の中目黒MGよさこいくらぶはじめ有名チームが多数参加します。

詳細情報

■第57回 中目黒夏まつり
開催期間:2022年8月6日(土)~8月7日(日) 雨天決行
8月6日(土) 阿波おどり 8月7日(日) よさこい
開催時間:18:00~20:30
開催場所:目黒銀座商店街・中目黒駅西銀座商店街

目黒銀座商店街

7. ぼんぼり祭 / 神奈川・鎌倉

開催期間:2022年8月6日(土)~8月9日(火)

鎌倉・鶴岡八幡宮にて開催される「ぼんぼり祭」。鎌倉の夏の風物詩ともいえるお祭りです。境内には、鎌倉近在の文化人をはじめとした各界の著名人が揮毫した書画約400点がぼんぼりに仕立てられ、参道に並びます。

夕刻になるとぼんぼりに灯りがともされ、境内は幻想的な空間となり、夜まで賑わいます。期間中は、8月6日に夏越祭、8月7日に立秋祭、8月9日に実朝祭が開催されます。

詳細情報

■ぼんぼり祭
開催期間:2022年8月6日(土)~8月9日(火) ※雨天中止
開催時間:9:00~21:00
開催場所:鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮

夏の風物詩 "夏祭り" で思い出を残そう!

いかがでしたか?今回は、2022年に関東地方で開催される夏祭りをご紹介しました!ぜひこちらの記事を参考に、思い出に残る夏をお過ごしくださいね。

また、RETRIP〈イベント〉の公式Twitter(@retrip_event)では、最新イベントの開催情報をお届けします。ぜひフォローしてみてくださいね。

元記事で読む
の記事をもっとみる