1. トップ
  2. レシピ
  3. 簡単でおすすめ!つくり置きアレンジ2選!冷しゃぶで夏をさっぱりおいしく乗り切りましょう

簡単でおすすめ!つくり置きアレンジ2選!冷しゃぶで夏をさっぱりおいしく乗り切りましょう

  • 2022.7.5
  • 1895 views

こんにちは。yuriです。
段々暑い日が増えてきましたね。
暑い日が続くと、疲れも出て食欲がなくなってきますよね。

今回は栄養士・食育栄養インストラクターの私が、夏にぴったりなさっぱり美味しいレシピをご紹介します。
暑くて食欲も、料理のやる気もでない!と、いう方はぜひチェックしてみてくださいね。

おすすめはさっぱりいただける、「冷しゃぶレシピ」です。
冷しゃぶをつくっておけば、ご飯と食べても良し、麺と食べても良し、アレンジ自在です。

今回は冷しゃぶ丼と、冷しゃぶのせうどんの2種類をつくったので、それぞれレシピをご紹介していきます。

簡単!さっぱり!夏にピッタリ冷しゃぶ丼

材料 2人分
・しゃぶしゃぶ用豚肉 200g
・ご飯 300g(お茶碗2杯分)
・長芋 150g
・納豆 2パック
・お好みの薬味 適量 ※大葉、かいわれ大根、小ねぎなど。今回はかいわれ大根を使いました。
・酒 大さじ1
・塩 ひとつまみ
・ポン酢 適量

つくり方
1. お湯を沸かし、酒と塩を入れる。しゃぶしゃぶ用豚肉をくぐらせて、火を通す。冷水につけるか、冷蔵庫でしっかり冷やす。
2. 薬味は切っておく。
3. 長芋は皮をむき、すりおろす。
4. 納豆はタレを入れて混ぜる(辛子はお好みで)。
5. ご飯をお皿に盛り、しゃぶしゃぶ肉、とろろ、納豆を盛り付けて、薬味をちらす。ポン酢をかけて出来上がり。

冷しゃぶのさっぱりさと、納豆と長芋のネバネバが食欲をそそります。

続いて、冷しゃぶアレンジで2品目です!

食欲がなくてもちゅるちゅる美味しい!冷しゃぶのっけうどん


冷しゃぶは先程のレシピと同じです。
多めにつくっておけば、簡単につくれますよ。

材料 2人分
・しゃぶしゃぶ用豚肉 200g
・冷凍うどん 2玉
・大根 200g
・お好みの薬味 適量
・お酒 大さじ1
・塩 ひとつまみ
・ゴマドレッシング 適量
・めんつゆ 適量

つくり方
1. お湯を沸かし、お酒・塩を入れる。しゃぶしゃぶ用豚肉をくぐらせて火を通す。冷水につけるか、冷蔵庫でしっかりと冷やす。
2. 冷凍うどんを、表示の時間通りで茹でる。ザルにあげて水洗いする。
3. 薬味は切っておく。
4. 大根は皮をむき、すりおろす。
5. お皿にうどんを盛り、冷しゃぶ、大根おろし、薬味をのせて、ゴマドレッシングとめんつゆをかける。

サクッと食べたいお昼ご飯にぴったりです。
暑い日は、麺をしっかり冷やすのが美味しくいただくポイントです。

以上、冷しゃぶレシピ2点をご紹介しました。
どちらもささっと簡単につくれて、薬味でさっぱり美味しくいただけるので、これからの季節にとてもおすすめです。
暑い日が続きますが、しっかりと食べてこれからくる夏を乗り越えましょう!

栄養バランスを整えるポイント


・豚肉は夏バテ対策にもおすすめな食材
豚肉にはビタミンB群が豊富に含まれています。
特にビタミンB1の含有量は肉類トップクラス!
暑さで食欲が低下したり、疲労が溜まったりする季節ですが、ビタミンB1は糖質からエネルギーをつくるのに必要な栄養素。
ご飯やうどんと一緒に食べて、バテやすい季節のエネルギーを充填しましょう!
薬味もしっかり利かせれば、ビタミンA、C、Eやミネラルなど、薬味が含む栄養も摂取できます。
さっぱりして食べやすいのに、疲労回復にぴったりの1品です!
トッピングは、
・更にパワーが欲しいときは、長芋やおろしにんにく
・胃が疲れているときは、大根おろしやおろししょうが
など、そのときの気分や体調に合わせて楽しむのもおすすめです。

[レシピ監修]
yuri


4歳児の子育てをしている、イラストレーター/栄養士ママです。
毎日のお料理は本当に大変。でも、お料理には楽しさもいっぱいある!手抜きする日があったっていい。家族で楽しくご飯を食べられるのが日々の中での私の楽しみです。
ごはんを作るのも大好きですが、それ以上に食べるのも大好きです。
これからこちらの記事を通して、お料理の楽しさもお伝えできたらと思います。

資格:栄養士、食育アドバイザー
Instagram:yuri 育児絵日記(@yur____ii

[記事監修]
キレイ研究室研究員 船木(化粧品メーカー研究員・サプリメントアドバイザー・健康管理士一般指導員・健康管理能力検定1級)

元記事で読む
の記事をもっとみる