1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【酢漿草】はなんて読む?身近な花の名前!

【酢漿草】はなんて読む?身近な花の名前!

  • 2022.7.3
  • 7075 views

「酢漿草」はなんて読む?

「酢漿草」は道端でよく見かける、ちいさな植物の名前です。

難しい漢字が使われていますが、ひらがなにするとご存じの方も多いはず。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は、「カタバミ」でした。

カタバミはカタバミ科の多年草で、小さな黄色い花を咲かせます。

日本では北海道から南西諸島まで幅広く分布しているため、道端や庭の片隅で見かけることも多いのではないでしょうか。

「酢漿草」に「酢」の字が使用されているのは、カタバミには酸味のある成分が含まれているからなんだとか。

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)
・『日本大百科全書』(小学館)

元記事で読む
の記事をもっとみる