1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ゴミ捨てにもう悩まない!私が自動開閉式ゴミ箱「ZitA」を選んだ5つの理由〜レビュー〜

ゴミ捨てにもう悩まない!私が自動開閉式ゴミ箱「ZitA」を選んだ5つの理由〜レビュー〜

  • 2022.7.3
  • 129 views

ずっと気になっていた、センサー式の自動開閉ゴミ箱。色々な製品が登場していますよね!

レビューを見たり、すでに使用している友人からのお話を聞いたりしながら悩みつつも、決めきれずにいましたが、ついに我が家も自動閉会式ゴミ箱デビューを果たしました!!

結果、あらゆる理由から私は「ZitA」に決めました。そこで今回は、選んだ理由と、実際に約2ヶ月ちょっと使用してみた実際のレビューを合わせてご紹介していきます。

自動開閉式ゴミ箱をどれにしようか悩んでいる方の参考になれば幸いです!

「ZitA」と「ZitA mini」の違い

まず最初に、「ZitA」と「ZitA mini」の違いをご説明しておくと、機能やカラー展開は全く一緒で、サイズだけが異なります

「ZitA」
価格:16,980円(税込)
対応ゴミ袋サイズ:45L
本体:(約)幅33.5cm×奥行33.5cm×高さ66.5cm
「ZitA mini」
価格:14,980円(税込)
対応ゴミ袋サイズ:30L
本体:(約)幅33.5cm×奥行33.5cm×高さ46.2cm

カラー展開はどちらも、ホワイト/ブラック/シルバーの3種類。「ZitA mini」の方が小ぶりなので、もちろん価格も少し安くなっています。

miniというので、結構小さいのかと思いますが、サイズを見ていただけると分かる通り、miniでも結構大きめ。ということで、我が家は「ZitA mini」のホワイトにしました!

※サイズの違いのみなので以後「ZitA」と記載していきます。

私が自動開閉式ゴミ箱「ZitA」を選んだ5つの理由

センサーの反応具合や、ニオイ問題、素材や、サイズ感、カラーなどなど、迷うポイントがとにかく多い動開閉式ゴミ箱

なんの変哲もない普通のゴミ箱と違って、もはや家電の一部という感じだからこそ、気軽には決めきれないという私のような方、多いのではないでしょうか?

どこに置くか…どのくらいの家族構成なのか…お部屋のテイストに合うか…など、様々なので一概には言えませんが、私が自動開閉式ゴミ箱「ZitA」を選んだ5つの理由をお伝えしていきたいと思います。

1.感知範囲が選べる&ボタン開閉も可能

1番気にしていたのが自動開閉のセンサーについてです。

センサーの感度が悪いと、1日に何度も行うゴミを捨てるという行動がとんでもなくストレスになるのでは…と。また、ゴミを捨てる時でなくても近くに行っただけで開いてしまうというのもナンセンス。そして、家族によってゴミを捨てやすい高さが違うと思うので、そこが大丈夫かどうか…。

「ZitA」は、センサーの感知範囲が0〜30cmで自由に調整でき、前を通るだけでフタが開くといったこともないので◎!センサーの感度も問題なく、手をかざせば自動で開閉、開いて約5秒で勝手に閉じてくれます。この5秒が、結構絶妙で短過ぎず長過ぎずちょうど良い!

あとはボタンでの手動開閉も可能という部分ですが、自動開閉のゴミ箱なのにそこ気にする?と思うかもしれませんが、念の為、手動でも開閉できるものにしておいた方が、色々と融通が利くかなと思ったので、こちらも選ぶポイントとなりました。

2.開口部の広さ&ゴミ袋いっぱいまで使える

捨てるゴミのサイズによっては入らない…なんてことになると面倒ですよね。あとは、ゴミ袋いっぱいまでゴミが入る設計になっているかも気にしたポイントでした。

そのどちらも「ZitA」はクリア!

開口部は広く、大きめのゴミもスッと入り、使用中にゴミ袋が底面につかない状態を維持してくれ、「ZitA mini」の場合は一般的な30リットルのゴミ袋、「ZitA」の場合は一般的な45リットルのゴミ袋を無駄なく使うことができます

3.横開きでニオイが漏れにくい

我が家はキッチンで使用する予定ではなかったのですが、とはいえ、ニオイが漏れにくい方が良い!キッチンで使用を検討している方はニオイ問題かなり重要ではないかなと思います。

「ZitA」の場合、ゴミ箱内部のニオイが部屋に漏れにくくする、横開き構造の投入口になっているので、ニオイを気にすることなく、快適!参考までに、キッチンで使用しているという友人によると、ニオイ問題は気にならないとのことです。

我が家は24時間ゴミが出せるため、都度捨てに行きたい…という理由でリビングで使用していますが、ゴミ出しの日が決まっていたり、ペットボトルが大量に出るなど、家庭によってはニオイが漏れにくくたくさん入るのは最高なんじゃないかなと思います。

上下開閉の自動開閉ゴミ箱も多いですが、ニオイ問題や、蓋の開閉の高さを気にせず設置できる横開きの方が断然オススメ!

4.ゴミ袋の取り付けが簡単

ゴミ袋の取り付け、引っ掛ける部分や付属品が多いと面倒なので、できるだけシンプルで簡単に済ませられるものが良いですよね。

その点、「ZitA」は自動開閉する蓋部分は上に乗っているだけなので簡単にどかすことができ、その後ゴミ袋を取り付け、付属のリングでゴミ袋がズレないように抑え、また自動開閉の蓋を乗せるだけ。楽々です。

もし分別したい場合は、別売の分別リングを購入すれば2つに分けることもできます

5.腐食に強いステンレス製&見た目がスタイリッシュ

見た目がスタイリッシュで美しいというのも「ZitA」に決めた理由です。

下のゴミ箱部分は、腐食に強いステンレススチールSUS430でできていて、自動開閉の蓋部分はマットな質感になっていることで、しっかりした素材のものが良いけれど、見た目も妥協したくないという方にはかなりオススメ!ゴミ箱感がないのでインテリアにも馴染みやすいです。

もし汚れてしまったとしても、汚れがサッと拭くだけで取れるのでお手入れも簡単!

「ZitA」の電池は?どれくらい持つ?

「ZitA」も「ZitA mini」もどちらも、アルカリ単2電池×2本(またはアルカリ単3電池×2本(交換パーツ別売))が必要になります。

単3電池を使用する場合は、別売の交換パーツを購入しないといけないので、それなら単2電池を2本購入して使用した方が面倒ではないかなと個人的には思いました。(笑)

1日に何度も開閉して、フル稼働している我が家の「ZitA」ですが、使用してから約2ヶ月ほど、まだ電池は切れていません。

実際に見るとサイズ感が分かりやすい!取り扱い店舗は?

これまで実店舗はなく、オンラインショップでの販売が中心の「ZitA」でしたが、ロフト(一部店舗)でも取り扱われるようなっています。

実際に実物を見て、触って、チェックできるので、お近くの方は絶対に実際に見て購入することをオススメします!

【取扱店舗】
■渋谷ロフト
■池袋ロフト
■銀座ロフト
■吉祥寺ロフト
■横浜ロフト
■千葉ロフト
■ロフト名古屋
■栄ロフト
■梅田ロフト
■あべのロフト
■天神ロフト

使う前には戻れない!迷っているなら買うべき!

という訳で、今回は私が自動開閉式ゴミ箱「ZitA」を選んだ5つの理由をご紹介させていただきました。

結果的に、使う前にはもう戻れないです。(笑)迷っているなら絶対に購入した方がいい!

蓋がついていることで中のゴミが見えないので、お部屋の清潔感がUPしたようにも感じられますし、突然の来客でも慌ててゴミ捨てに行かなくても大丈夫。

同じ蓋つきゴミ箱でいえば、足で踏んで開けるタイプのものよりも、やはり自動の方がアクションが少ないので楽ですし、「ZitA」は見た目もゴミ箱感がないのでスッキリしています。

身長によって感知範囲を自由に設定できたり、また、小さなお子さんやペットのいたずら防止のためにボタンでの手動開閉にしておくこともできたりと、色々と自由にできるところもオススメのポイント!

色々と悩んだり、ゴミ箱にしては少々お値段もお高めですが、「ZitA」は家電!「ZitA」選んで良かったと思います。

気になっている方は是非参考にしてみてくださいね!

元記事で読む
の記事をもっとみる