1. トップ
  2. 恋愛
  3. ネトフリ配信『還魂』は、俳優ユ・ジュンサンの“貫禄たっぷり”の演技に注目すべし!

ネトフリ配信『還魂』は、俳優ユ・ジュンサンの“貫禄たっぷり”の演技に注目すべし!

  • 2022.7.2
  • 837 views

tvNドラマ『還魂』に出演している俳優ユ・ジュンサンが、貫禄の演技を披露している。

Netflixで同時配信中の『還魂』は、架空の国・大湖(テホ)国を舞台に、魂を取り替える“還魂術”で運命をねじられた主人公たちがそれを乗り越え、成長していくファンタジーロマンス活劇。

ユ・ジュンサンが劇中、大湖国最大の企業「ソンリム」の総帥パク・ジン役を演じている。

(※以下、ネタバレあり)

(画像提供=tvN)

彼は主人公チャン・ウク(演者イ・ジェウク)の出生の秘密を知っている唯一の人物だ。ウクの本当の実父は先代王で、ウクの存在が王室にとって逆謀であるという秘密を守り続けながら、ウクには実の息子のような父性愛を表している。

嫌われ役を買って出てまでチャン・ウクを守ろうとする彼の深い優しさは、視聴者の心も熱くさせた。術師になりたがるチャン・ウクを厳しい言葉で傷つけ、彼の存在が世に知られないようにするほか、わざとチャン・ウクの剣に刺されることで術師の夢を諦めさせ、楽な人生を生きるように誘導している。何よりも刺された自分よりチャン・ウクが受けた傷のほうを気にするパク・ジンの姿は、視聴者を涙ぐませた。

一方、キム・ドジュ(演者オ・ナラ)とは愛情と友情を行き来するかけ合いで物語に活気を与えている。それぞれチャン・ウクの母親と父親を片想いした痛みを抱えているパク・ジンとキム・ドジュ。2人は自分たちの黒歴史を冗談で交わすほど、心を開いた仲だ。愛情と友情の間を行き来しながら、主人公カップルにも負けない“中年ロマンス”を繰り広げる2人にも応援の声が寄せられている。

ユ・ジュンサンはカリスマ性と父性愛、そして天然ぽさを自由自在に操る巧みな演技で存在感を発揮している。物語に深みを与えつつも時には甘いロマンスを、時にはコミカルなシーンを演出して説得力を持たせているのだ。キャラクターを輝かせ、物語をさらに彩るユ・ジュンサンの今後の活躍にも期待が集まっている。

『還魂』は韓国tvNで毎週土・日曜21時10分から放送中。Netflixでも同時配信中。

(記事提供=OSEN)

元記事で読む
の記事をもっとみる