1. トップ
  2. 恋愛
  3. 騙される危険性も…メルカリで絶対に買ってはいけない商品の特徴4選

騙される危険性も…メルカリで絶対に買ってはいけない商品の特徴4選

  • 2022.7.2
  • 85164 views

数あるフリマアプリの中でも利用者が多いことで知られている「メルカリ」。利用者が多い分「買ってはいけない商品」も数多く出回っており、それによる売買トラブルが後を絶ちません。

この記事では、メルカリで「絶対に買ってはいけない商品」を紹介。そのような商品を避ける方法もお伝えします。

■1 評価がよくない出品者の商品

メルカリで絶対に買ってはいけない商品を判断する目安が「出品者の評価」です。出品者の評価は星の数(1~5個)でわかります。星が少ない出品者は購入者からの評価が低く、販売する商品にもその人自身にも問題があるケースが多くあります。

特に、購入者のコメントに以下のことが記載されていたら、その出品者の商品は避けた方が無難です。

・破損や欠陥を隠して販売した
・送料を購入者払いにしていた
・商品を発送しなかった
・商品が簡単に壊れるようなずさんな包装をしていた

このような出品者から商品を買うとトラブルに巻き込まれる可能性大です。

■2 偽ブランド品

偽ブランド品も絶対買ってはいけません。偽ブランド品の販売は犯罪であり、購入者は犯罪の片棒を担ぐことになります。

また、メルカリで買った偽ブランド品をどこかに売って換金できてしまった場合、購入者が「偽ブランド品の販売者」として罪に問われます。仮に購入者が偽ブランド品だと知らなかった場合でも同じです。

■3 価格が安すぎる電化製品や書籍

メルカリでは「価格が安すぎる電化製品や書籍は絶対買ってはいけない」も定説です。特に、他の人が出品する同じ商品と比べて極端に価格が安い場合は、その商品に大きな問題がある可能性が高いでしょう。

<例>
・動作未確認で動かない可能性がある電化製品
・裁断済みまたは元の持ち主のマーキングや書き込みで読めない書籍

安さにつられてこのような商品を買えば大損します。「安すぎる電化製品や書籍は問題がある」と考え、うっかりでも手を出さないのが鉄則です。

■4 いつ買ったかわからない商品

「いつ買ったかわからない商品」も問題です。特に、食品や化粧品の購入時期が不明の場合は絶対に買ってはいけません。

そのような商品には以下の問題が潜んでいる恐れがあります。

・消費期限や使用期限を大きく過ぎている
・商品の劣化が激しい

以上に該当する商品が口や皮膚から体の中に入れば深刻な健康トラブルが起き、最悪死亡する恐れもあるので非常に危険です。少しでも疑われる場合は、商品を購入してはいけません。

■メルカリで絶対買ってはいけない商品を避けるには?

最後に、「メルカリで絶対買ってはいけない商品」を避けるために、商品情報ページでチェックすべきポイントをお伝えします。

<チェックポイント>
・出品者の評価
・商品画像
・購入店
・購入時期

これらのポイントをよくチェックすれば、偽ブランド品や欠陥品、健康被害をもたらす商品などを購入するリスクをある程度小さくできます。

また、商品情報だけで不明な点があった場合は、取引メッセージで出品者に確認することも重要です。

それでも万が一トラブルに巻き込まれたら運営会社に相談し、それでもだめなら消費生活センターに相談して問題の早期解決をめざしましょう。

文・大岩楓
元銀行員ライター。預金・為替業務に長く携わった経験をもとに、節約などの記事を多数執筆。現在はジャンルを広げて教育系の資格を生かした記事まで幅広く執筆。

元記事で読む
の記事をもっとみる